NFTゲーム

Agletのエナジーの増やし方は?回復しない時のやり方や回復時間を調査!

Pocket

Aglet(アグレット)のデジタルスニーカーは、ずっと新品の状態ではなく歩けば歩くほど、エナジー「DURABILITY(耐久性)」が消耗されていきます。

エナジーが消耗されたスニーカーはリペアステーション(Repair Station)で靴を修理しなければいけないのですが、回復しない時のやり方や回復時間は具体的にどれくらいかかるのか調査していきます。

そこで今回はAgletのエナジーの増やし方は?回復しない時のやり方や回復時間を調査!と題してお届けしていきます。

Agletのエナジーの増やし方は?

Agletアグレットでもしエナジーが消耗されれば、Aglet内の通貨AGが稼げなくなります。

そんな時はどうすれば増やせて、回復を行うことが出来るのか調査していきました。

AgletはSTEPNと同じようなエナジーシステムがある?

Agletと同じようなゲームでSTEPN(ステップン)があり、STEPNも同じようにエナジーが消耗されますが、Aglet(アグレット)のデジタルスニーカーは、NFT実装のスニーカー以外、耐久性(DURABILITY)と「Condition」のパーセンテージが消耗されていきます。

Agletでエナジー(体力回復)を行うには、リペアステーション(Repair Station)をマップ上で見つけて修理・回復を行う必要があります。

まず、どのバロメーターを見ればエナジーが消耗されていて、修理が必要になってくるか見ていきましょう。

Agletデジタルスニーカーのバロメーターについて

Agletのデジタルスニーカーは、100%あったエナジーが歩くことによってだんだん消耗されていきます。

ここのパーセンテージが0%になると、いくら歩いてもAGが獲得できなくなるので、エナジー回復が必要になってきます。

Agletのデジタルスニーカーは各スニーカーに、レベルや耐久性、購入価格、修理についての詳細が表示されるようになっています。

  • CLASS(レベル)=数字が0に近いほどレベルが高い
  • 耐久性=数字が大きいほど消費しにくい
  • 修理した回数\修理できる回数=各スニーカーは修理できる回数が定められている

Agletのエナジー回復方法と増やし方

Agletのエナジー(Condition)を回復するには、現実と連動するマップ上にリペアステーション(Repair Station)/デッドストックステーション(Deadstock Station)を探して行く必要があります。

エナジー回復/リペアの方法はとっても簡単!

マップ上のリペアステーションを見つけたら【チェックイン】し、足を踏み入れるだけです。

アプリ画面には+●%【Repaired】と表記されます。

また、Conditionが0%になった時に、唯一回復できる場所はデッドストックステーションのみとなっています。

リペアステーションは地域によってかなり少なく、デッドストックステーションに関しては現れること自体とてもレアなので、Conditionを0%になるまでスニーカーを消耗させないように注意しましょう。

このほかに、マップ上にはAGやスニーカーのプレゼントがもらえる宝箱「Stash」と言われる場所も存在します。

Agletエナジーが回復しない時のやり方や回復時間を調査!

Agletでスニーカーの消耗度・エナジーが回復できない時はどうすればいいでのでしょうか。

今すぐできる解決法や回復時間を調査していきました。

Aglet エナジーが回復しない時の原因は?

Aglet (アグレット)で消耗されたエナジーを回復させるには、リペアステーションまたは、デッドストックステーションに行く必要があるとお話ししましたが、リペアステーションにも対応するレベルや回復するパーセンテージが時と場合によって違ってきます。

例として見つけたリペアステーションが「CLASS:0~2TIRE(レベル)」の場合は、3TIREのスニーカーをリペアすることは出来ません。

エナジー回復しない原因は、リペアステーション(Repair Station)のTIREが自分のスニーカーTIREと合っていないからと考えられます。

Agletエナジーが回復しない時の回復方法は?

Agletで消耗されたエナジー(Condition)が回復しない場合は、マップ上で自分のスニーカーに合うTIREの回復ができるRepair Stationを探すこと、またはDeadstock Stationを探すことです。

他にもAgletエナジーが回復しない時の回復方法を具体的に調査していきましたので、参考にしてみてくださいね!

エナジー回復方法①Aglet SNEAKER SHINEの利用

マップ上でRepair Stationを探し回ってもうスニーカーがピンチ!というときは、「Aglet SNEAKER SHINE(スニーカーシャイン)」を利用することもおすすめです。

(画像引用元:https://help.aglet.app/en/articles/4045546-how-can-i-repair-my-shoes)

スニーカーシャインは、アプリのホーム画面にてAGを使って簡単に手に入れることができます。

またCLASS TIRE4でも使えるのが嬉しいですね。

一つ購入するごとにワンペアのスニーカーのみ回復が可能なので、すぐにスニーカーを回復させたい時は利用してみてもいいかもしれません。

エナジー回復方法②靴を履き替える

Agletでのスニーカーコレクションがすでに何足かある場合、靴を履き替える方法もあります。

とりあえずConditionが消耗された靴は一旦しまい、持っている他の靴でAGを稼いでいきましょう。

ちょうど自分のスニーカーに合うTIREのRepair Stationを見つけたときに、また靴を履き替えてリペアすることをおすすめします。

Repair StationやDeadstock Stationが見つからない場合

Repair StationやDeadstock Stationをどこ探し回っても見つからないし、歩いている付近じゃ少なすぎると感じた場合は、Agletに問い合わせてRepair Stationを設置してもらうことができます。

ただこの方法は英語で行うことが必要なので、少し面倒かもしれませんね…。

Repairの回数が上限に達した場合

Agletのスニーカーはエナジー回復回数が決められています。

Agletスニーカーの回復回数が上限に達した場合は、そのまま放置するのではなくリサイクルしてAGに替えてしまうのがおすすめです。

(画像引用元:https://help.aglet.app/en/articles/4371102-recycle-your-shoes)

リサイクルによって、少量のAGですが獲得することができます。

もう使えないスニーカーはどんどんリサイクルしてAGを獲得し、また新しいスニーカーをコレクションするようにしましょう。

Agletエナジーの回復時間について

Agletのエナジー回復時間は、スニーカーや回復したRepair Stationによってそれぞれ違ってくるので一概には言えません。

Repair Stationには以下の3つの表記がされています。

  • Condition repaired:修理可能な程度
  • Accepted tiers:修理可能なスニーカーのTIRE(ティア)
  • Cool-down time:回復時間

早い回復時間のリペアステーションもあれば、回復が遅い場所もあるので、スニーカーにあうTIREのRepair Stationを探して、エナジーを回復させましょう。

またDeadstock Stationについては、100%回復させるかわりに、回復時間がとても長いのがネックです。

上記の画像の回復時間「Cool-down time」はなんと168hになっているので、次回に利用できるまでに7日間かかるということになります。

7日間回復を費やしている間に、他のスニーカーで歩くのにもスニーカーが足りるかどうか考えながら、Deadstock Stationを上手く利用していきたいですね!

まとめ

Agletのエナジーの増やし方は?回復しない時のやり方や回復時間を調査!と題してお届けしていきました。

Agletのエナジー、Conditionは歩くことによって消耗されていきます。

消耗して0%にならないうちに、Repair Stationの利用をおすすめします。

どうしても回復を早く行いたい場合は、SNEACKER SHINEを利用したり、他のスニーカーがあれば履き替えてしまうのもいいですね。

もう回復できなく、リペア回数の上限が達した場合はリサイクルしてAGをGETしましょう!