映画

明日の食卓映画の犯人は誰?結末ネタバレとあらすじを紹介!

Pocket

今回は明日の食卓映画の犯人は誰?結末ネタバレとあらすじを紹介!と題してお届けしていきます。

リアルすぎる描写が考えさせられる内容となっている映画”明日の食卓”。

日常的な”親と子”をテーマに虐待やサスペンスも盛り込まれた衝撃作であるとネット上でも波紋を呼んでいます。

明日の食卓は椰月美智子作の小説で、映画の主演の母親役として菅野美穂さん、高畑充希さん、尾野真千子さんを迎え、”石橋ユウ”という同じ名前の子供を育てる内容となっています。

息子を殺したのは、私ですかー?というポスタービジュアルに隠された、犯人は一体誰なのか。

今回は明日の食卓映画の犯人は誰なのか、結末ネタバレと合わせ映画作品を紹介していきたいと思います。

明日の食卓映画の犯人は誰?

2021年5月28日(金)から公開される明日の食卓映画は、それぞれの家庭で生きる一人息子・石橋ユウを育てる母親たちが登場します。

この中に息子を虐待死させてしまった母親はいるのでしょうか。

明日の食卓で登場する人物像も踏まえ、犯人は誰なのか見ていきましょう。

明日の食卓映画あらすじ

明日の食卓は椰月美智子作の同名小説を見事に映画化した作品。

主演の母親役として菅野美穂さん、高畑充希さん、尾野真千子さんを迎え、”石橋ユウ”という同じ名前の子供を育てる”親と子”の物語です。

菅野美穂さん演じるのは神奈川県在住のフリーライター「石橋留美子」は小学3年生の悠宇と小学1年生の弟を育てる2児の母親です。

高畑充希さん演じるのは大阪府在住の「石橋加奈」で一人息子を育てるシングルマザー。

そして尾野真千子さんは静岡県在住の「石橋あすみ」で一人息子の優と心優しい夫と幸せに暮らす専業主婦として登場します。

それぞれの家庭で幸せに暮らす母親とユウでしたが、ある日”石橋ユウ”という子供が虐待をうけ死亡したというニュースが流れます。

もしかしたら自分が”ユウ”を虐待死させていたかもしれないと迫る危機感の中、殺した犯人は一体誰なのでしょうか。

映画基本情報

  • タイトル:明日の食卓
  • 原作:小説/椰月美智子
  • 監督:瀬々敬久「糸」「楽園」
  • 脚本:小川智子
  • 音楽:入江陽
  • 主題歌:tokyo blue weeps

【主演キャスト】

  • 菅野美穂/石橋留美子
  • 高畑充希/石橋加奈高畑充希
  • 尾野真千子/石橋あすみ

公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/ashitanoshokutaku/

明日の食卓映画の犯人は誰なのか

明日の食卓は、同じ名の子「石橋ユウ」という一人息子をもつ母親との関係と生活をリアルにつづった作品。

最終的にユウは、母親に平手打ちされ、更に馬乗りになりながら頭を床にたたきつけられた結果、息を失いぐったりと倒れるユウの姿が描かれます。

一人息子のユウを虐待死、死なせてしまった母親とは誰なのか、またや虐待するように仕向けた犯人はいるのか気になるところです。

そこでまずは、明日の食卓映画で、それぞれの石橋ユウを育てる3人の母親の役柄とあらすじ含め後半で見ていきましょう。

明日の食卓映画結末ネタバレとあらすじを紹介!

明日の食卓の登場人物あらすじと結末ネタバレを調査していきました。

明日の食卓登場人物は?

明日の食卓の母親役として3人の女性が登場しますが、最終的に3人の中で誰が”ユウ”を殺してしまったのでしょうか。

それぞれの家庭で起こるあらすじや家庭環境を見ていき、結末ネタバレを調査していきました。

石橋留美子/菅野美穂

(画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-LXt1idjyls)

石橋ユウを育てる1人目の母親は、菅野美穂さん演じる石橋留美子です。

  • 石橋留美子(43)
  • 神奈川県在住
  • 職業:フリーライター

夫の豊はフリーカメラマンで、家事や育児に協力的でないため、ワンオペでこなしている留美子怒り心頭になる。

子供は2人小学3年生の悠宇に、1年生の巧巳の息子を持ちます。

夫の仕事が激減した留美子の家庭

2人の息子を育てる留美子は毎日が戦争のように忙しく、てんやわんや状態でした。

そんな留美子はフリーライターとして育児と仕事のドタバタ劇を書くブログを書いています。

ブログの人気も出て徐々にライターでの仕事が増える一方、フリーカメラマンとして活躍していた夫は仕事が激減します。

夫は家で無気力に過ごす事が増えていき、留美子が頼んだこともうまくこなしてくれないので、お互いにストレスが溜まっていくのでした。

夫のストレスが溜まった留美子は

身勝手な夫と口論になった留美子は夫に手をあげられるところ、息子の悠宇が止めに入ります。

そんな悠宇にも暴力をふるう夫に、留美子は出ていくように言うのでした。

夫が出ていった後仕事部屋に戻った留美子は、息子の悠宇のせいでちらかった部屋を目の当たりにします。

カッとなった留美子は悠宇の頭を床に打ち付けてしまうのでした。

石橋加奈/高畑充希

(画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-LXt1idjyls)

石橋ユウを育てる2人目の母親は高畑充希さん演じる石橋加奈です。

  • 石橋加奈(30)
  • 大阪在住
  • 職業:日中・化粧品の工場/朝・夜はコンビニ

若い時に息子のを授かり、今現在は離婚しシングルマザーで仕事詰めの日々を過ごしている。

息子のやりたいことは何でもやらせてあげたいと願う母親。

家庭環境が厳しい加奈

夫の浮気で離婚した加奈は、慰謝料も養育費も払ってくれない夫に頼らず借金を返済しながら、化粧品メーカーの工場とコンビニバイトを掛け持ちしながら働きづめの日々を過ごしていました。

加奈は今も厳しい家庭環境に居ますが、自分が幼い頃も厳しい家庭環境に居ました。

加奈の父親は母に暴力をふるい、母親は加奈と弟を連れて大阪まで逃げてきたそう。

そんな母親は体調を崩して布団にいることが多くなります。

そして弟は働いていた建築会社を退職、そして加奈に金をすがるようになります。

大やけどを負おう勇

朝から働き詰めの母親を支えるためにも、料理を少しづつ覚えていった勇。

カップラーメンのお湯を注ごうとしたところ謝って手にかけてしまい大やけどを負ってしまいます。

そこで母親からの虐待の容疑をかけられた加奈でしたが、母親のせいではないという勇の訴えで疑いは晴れるのでした。

石橋あすみ/尾野真千子

(画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-LXt1idjyls)

石橋ユウを育てる3人目の母親は尾野真千子さん演じる石橋あすみです。

  • 石橋あすみ(36)
  • 静岡県在住
  • 職業:専業主婦

10歳の息子・優を育てるあすみは、専業主婦で家事をしながら子育てをしています。

夫の太一は東京に地元から通勤するサラリーマン。

夫の母親とは別宅で同じ敷地内で暮らしています。

優秀な優は学校でも家でもいい子だと言うあすみですが、実際はどうなのでしょうか。

幸せな家庭に隠された闇

夫は優しく、優秀な一人息子を持つ母親のあすみは幸せな日々を過ごしていました。

勇には私立の小学校に通ってほしいと願うあすみでしたが、遠方なため公立に通うことになります。

書道教室にて優と同年代の息子を持つ菜奈と仲良くなったあすみは、プライベートでも共に過ごすようになります。

あすみは勇の通う学校で気になる生徒がいました。

それは気にかかる言動が多い光一と体は大きいけど優と親しくしているレオンです。

するとある日、レオンの母親から優がレオンにいじめられているとの連絡が入ります。

優に話したところ”やっていない”と断言したため優を信じることにしました。

のちにレオンは普段通りあすみの家に遊びに来たため、いじめはないと安心します。

優の心無い行い

優はレオンにいじめられているのではなくその逆で、優によってレオンはいじめられていました。

優はなんでも指示に従う光一を使い、レオンがいう事を聞かなければ殴る蹴るの暴行を与えていたのです。

自分ではなく第三者にいじめをさせていた優の心無い行いが母・あすみと夫にバレてしまった優でしたが、ただの反抗期だと夫は言います。

最終的にレオンの家に行くと慰謝料10万を支払ってほしいと言われたので、全額支払うことになるのでした。

ある日病院で義理の母が認知症になったと発覚、失禁した母の事を「汚い」と優は言いました。

そのことをきいた夫は優と喧嘩になり、優に手を挙げてしまったのです。

”虐待だ”と叫ぶ優の元に警察が来ますが、夫は警察に逮捕されることはありませんでした。

石橋ユウを育てるもう一人母親(※ネタバレ)

明日の食卓ではそれぞれの家庭で親と子の葛藤が描かれましたが、実はもう一人同じユウという息子を持つ母親・石橋耀子が登場してきます。

耀子はほとんどすっぴん姿の大島優子さんが演じるという事で期待度があがりますね。

そんな耀子の役柄とネタバレ内容をみていきましょう。

全身全霊でユウを愛していた耀子

耀子は以上の3人の母親と同じく石橋ユウという小学三年生の息子と、小学1年生の息子を育てています。

彼女にとって「ユウ」は自分の全てであり、愛を注いできた存在です。

ですがある日夫と息子ユウのことで揉め事がおき、夫は夕食の買い出しに出かけてしまうのでした。

するとユウと弟の喧嘩がはじまり”止めなさい”とユウをたしなめるのですが、いう事を聞いてくれません。

口答えをし手をあげるユウを、耀子は怒り心頭になりユウの頭を強く叩きつけてしまうのです。

するとユウはぐったりと倒れ亡くなってしまうのでした。

明日の食卓結末ネタバレ

それぞれの家庭で子に対する苦悩を抱えている中、ある日「石橋ユウ」という子供が虐待死されたというニュースで取り上げられます。

自分の息子と同姓同名の男の子が虐待死されるニュースは留美子、加奈、あすみにとって衝撃的でした。

そんな中あすみは、お腹に赤ちゃんを授かっていました。

優の言動や行動に不安はあるものの、書道教室で仲良くなった菜奈の紹介でスミナガ先生と出会ったため心は穏やかでした。

スミナガ先生によると、お腹の子は石橋家の救世主になると言います。

一方加奈は、学校で給食費がなくなったという連絡を受けます。

その給食費は勇の机の中にありました。

実は同じクラスメイトの西山が自分の給食費をわざと勇の机に入れていたことが発覚します。

西山の母親はシングルマザーで加奈にデリヘルの仕事をしないか持ち掛けますが、断ったところ嫌がらせをするようになったのです。

ある日西山の母の顔がアザだらけなのを見てDVを疑った加奈は、小学校に電話を入れると、クラスメイトの西山は休んでいることを知ります。

加奈は児童相談所に電話をかけ、西山家のことを話したところ、西山の母は、自分の母の内縁の夫から暴力を受け全治2ヵカ月の怪我を負っていることが明らかになったのです。

加奈は西山と関り会社がクビになってしまいましたが、工場の同僚の紹介で知人の居酒屋で働けるようになりました。

留美子と夫は、息子と月1回会う約束でいつでも連絡がとれるという条件で離婚しました。

留美子は、夫と離婚しました。親権者は留美子ですが、息子と夫は月に一度会う約束をし、いつでも連絡が取れるようになっています。

石橋耀子と息子”ユウ”の事件を知った留美子は、自分の事とリンクする出来事に耀子に手紙を書くのでした。

すると耀子からは自分が殺してしまった”後悔”とユウへの”愛”が書かれていました。

留美子はこの事件から、もしかしたら自分が悠宇にしていたかもしれないと思い、記事に今後このようなことが起きないよう彼女の想いを丁寧に書いていくのでした。

明日の食卓感想

もしかしたら自分だったかもしれない、どこにでもあるような日常をリアルにつづった明日の食卓は、視聴者や母親にとって痛く共感する場面があったと思います。

赤の他人が犯してしまったことでも、自分の事のように思えてしまうのは同じような境遇にいるから感じられる感情で、”もしかしたら”と思うと衝撃でしかないでしょう。

子育てをすること、母親や妻であること、女性であること、今一度自分自身と、今いる環境と向き合っていきたいと考えさせられる内容です。

まとめ

明日の食卓映画の犯人は誰?結末ネタバレとあらすじを紹介!と題してお届けしていきました。

明日の食卓映画の犯人は、3人とは全く関り内容でリンクする部分が多い、4人目の石橋さんであることがわかりましたね。

そんな明日の食卓映画の結末ネタバレを見ていきましたがいかがでしたでしょうか。

日常的でリアルな母と子を描く作品だからこど、心に迫るものがありますよね。

この感動と衝撃は是非劇場にて体感してみて下さいね!