ドラマ

ドラゴン桜2米山の復讐相手は桜木じゃない?岸本弁護士を恨んでる理由をネタバレ!

Pocket

今回はドラゴン桜2米山の復讐相手は桜木じゃない?岸本弁護士を恨んでる理由をネタバレ!と題してお届けしていきます。

日曜劇場にて大好評放送中のドラマ・ドラゴン桜2!

ドラマを見ていくと、東大合格を目指す生徒たちの奮闘劇とは反対に、裏で弁護士である桜木に対しを復讐を企む”黒幕”がいるような気がしてならないですよね。

特に怪しいのは、ドラゴン桜2原作には登場しないキャラクター「米山圭太」です。

明らか桜木に対し何かの恨みを持っていそうな人物ですが、もしかすると復讐の対象が桜木法律事務所で働く岸本弁護士なのかもしれません。

そこで今回はドラゴン桜2で米山の復讐相手は誰なのか見ていき、桜木が本命なのか、それとも岸本弁護士を恨んでいる可能性があるのか考察し、恨む相手が桜木ではない理由をネタバレ調査していきます。

ドラゴン桜2米山の復讐相手は桜木じゃない?

桜木の元教え子である”米山圭太”は、2年前東大合格できなかった唯一の人物です。

ドラゴン桜2原作には登場しない分、どんな動きをするのか気になりますよね。

そこで桜木を逆恨みするように見える米山は、本当に桜木に対し復讐心を燃やしているのか考察していきます。

ドラゴン桜2の米山圭太とは?

まずはドラゴン桜2で桜木をターゲットに復讐を企んでいると思われる”米山圭太”(佐野勇斗)は、どんな人物なのか見ていきましょう。

米山は現在、坂本社長が経営するIT企業で働いています。

  • 桜木の元教え子
  • 桜木を尊敬していなかった
  • 2年前に東大受験に失敗
  • 2浪で東大合格
  • 桜木をナイフで刺した後、自分も自殺しようと思った
  • 桜木弁護士事務所の岸本弁護士を知っている

2浪で無事東大合格した米山ですが、2年前の事件で桜木に対し恨みが残っているのではないでしょうか。

そんな米山と桜木は過去に何があったのか見ていきましょう。

米山と桜木は過去に何があった?

ドラゴン桜2ドラマ・オリジナルキャラクターの”米山圭太”は、桜木の元教え子として登場します。

桜木が提案する東大専科に入り2年前に東大受験に挑んだものの、米山だけが東大に落ちてしまった結果、桜木の前で自殺未遂を図るような行動を起こしてしまうのです。

最終的に米山は病院に搬送され助かりましたが、何者かが事件現場の状況をリークしたため、桜木はお見舞いにいけないまま教え子を置いてきぼりにし失踪してしまうのです。

このことで米山の逆恨みを買った桜木は、今になって米山の復讐相手のターゲットになっているのではないかと考察できますよね。

ですが、本当に米山の復讐相手は桜木なのでしょうか。

実は米山の復讐相手は桜木ではないと、思える理由を考察していきます。

米山はもう桜木に恨みはない?

ドラゴン桜2の米山は再び桜木の前に現れました。

過去に東大受験を失敗した経験を活かしに、現在は元教え子の水野と協力して東大専科コースの生徒を指導することとなります。

桜木はそんな米山を見て、過去に自分が失踪したことを謝罪し、教壇に立ちまた指導する立場でいることを許してほしいと話しました。

「今更謝らないで下さい、俺の方こそすみませんでした」

と、米山は言いますが、桜木のいない前でIT企業の坂本社長に対しては「そう言っておいた方が好都合でしょ、桜木先生に復活してもらった方が、こっちも動きやすいし」と話しました。

これでは明らか桜木に対し、何かを企んでいるようにしか見えませんよね。

表面上は桜木を許しているように見えますが、本当はどう思っているのでしょうか。

米山には桜木ではなく別のターゲットがいる?

2年前の事件が元で米山は桜木に復讐するために、再び桜木の前に現れたと考えられそうですが、実はターゲットは別にいるのではないかという声が広まっています。

その理由は以下の通りです。

  1. 桜木の目の前でなくても桜木を先生と呼んでいる
  2. 東大合格するために2浪している
  3. IT企業坂本社長と共に誰かに復讐をしようとしている
  4. 桜木の謝罪を受け入れている

恨んでいる相手なら、相手がいない前で別の呼び方をするのが普通と考えられます。

また米山は桜木が推進している東大へ、2浪をしてでも進学しました。

もし桜木を恨んでいるのであれば、わざわざ東大へ進学することも考えられないでしょう。

そこで米山が何かを復讐を企むのであれば、桜木でない可能性がもう一つあります。

アイツだけは潰すと言った米山

そうなんですか、それは…奴をつぶすには、もってこいの展開ですね

アイツだけは…

米山は以上のような発言をして、”アイツって誰なの?”と思った人も多いのではないでしょうか。

奴やアイツ呼ばわりしている分、かなりの恨み込められているように感じさせます。

桜木を”先生”と呼ぶ米山の復讐相手は”アイツ”なのです。

ということは、桜木ではないことがここで確定します。

ここでネット上で米山の復讐相手ではないかと言われているのは「岸本弁護士」という人物です。

岸本弁護士とは?記事後半で岸本弁護士と米山の関係をネタバレ調査していきます。

ドラゴン桜2米山が岸本弁護士を恨んでる理由をネタバレ!

ドラゴン桜2で米山は桜木ではなく、岸本弁護士を恨んでいるのではないでしょうか。

米山はなぜ岸本弁護士を恨むのか、その理由をネタバレ調査していきます。

ドラゴン桜2岸本弁護士とは?

桜木法律事務所に所属している岸本弁護士は、桜木が提案する東大合格メソッドに共感して事務所に入ることになりました。

  • 桜木が信頼を寄せる凄腕弁護士
  • 桜木が失脚した後顧客情報を引継ぎ個人事務所を設立

一見人が良さそうに見える岸本弁護士ですが、2年前桜木が失脚した後にすぐ顧客を引継ぎ個人事務所を設立しているため元々桜木を失脚させようと企んでいたのではないかと推測できる人物です。

現在は桜木の元同僚となっていますが、米山と2年前の過去に関りがある様子でした。

それがわかったのはドラゴン桜2の4話で岸本弁護士が米山に対し「久しぶりね」と言ったからです。

まだ真相はわかりませんが、米山が岸本弁護士を恨む理由をネタバレしていきます。

米山はなぜ岸本弁護士を恨むのか

一見関りがないように見える米山と岸本弁護士。

ですが桜木が失脚した後に、すぐ個人事務所を設立しているため、米山と桜木のナイフ刺し事件を知っているはずです。

【米山が岸本弁護士を恨む理由】

  • 自分に地位や顧客が欲しいがために、マスコミに情報をリークしたのが岸本弁護士だと思っているorリークしている場面を目撃した
  • 情報がリークされたことで自分がマスコミに追われる羽目になった
  • 一方岸本弁護士は個人事務所を設立し、許せないと思っている
  • 東大不合格になるように仕向けられた可能性がある

岸本弁護士のせいで人生めちゃくちゃにされたと思っている米山は、アイツだけは潰してやると思っているのではないでしょうか。

そんなドラゴン桜2の米山の復讐の相手について世間の声は様々でしたが、特に岸本弁護士は怪しいという声が多く挙がっていました。

ドラゴン桜2米山の復讐相手についてネット上の声は

ネット上では米山は悪役にまわり、実は計画を潰すため岸本弁護士の顔に泥を塗ろうとしているのではないか?という見解などが寄せられていますね。

確かにすぐに個人事務所を設立するなんて、いかにも前々から企んでいたような気がします。

米山の復讐相手は桜木ではなく、岸本弁護士で間違いないのではないでしょうか。

まとめ

ドラゴン桜2米山の復讐相手は桜木じゃない?岸本弁護士を恨んでる理由をネタバレ!と題してお届けしていきました。

ドラゴン桜2で米山の復讐相手は桜木ではなく、岸本弁護士ではないかと推測していきましたが、いかがでしたでしょうか。

ネット上では岸本弁護士が怪しい!という声もたくさん寄せられていました。

ここまで米山を追いやった岸本弁護士が最後どうなるのか、引き続きドラゴン桜2が見逃せませんね!