映画

ドライブマイカー最後なぜ韓国?結末ラストの意味を考察ネタバレ!

Pocket

映画ドライブマイカーで舞台演出家の家福悠介(西島秀俊)は、妻が急死した後に、広島の演劇祭に参加するために、専属ドライバーの女性みさき(三浦透子)との出会います。

滑らかで心地の良い運転をするみさきと家福は過ごす時間が増えるにつれ、徐々にお互い心を開いていきますが、それと同時に家福自身が自分と向き合っていくストーリーとなっていますね。

そんなドライブマイカーでは、日本国内で結末ラストを迎えるのではなく、最後にたどり着く土地は韓国でした。

映画の最後にみさきが韓国に居たのはなぜなのか気になった人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はドライブマイカー最後なぜ韓国?結末ラストの意味を考察ネタバレ!と題してお届けして、ドライマイカーの結末ラストの意味を探っていこうと思います。

>>ドライブマイカーのDVDはいつからレンタルできる?

ドライブマイカー最後なぜ韓国?

ドライブマイカーで最後はなぜ韓国シーンが流れたのでしょうか。

ドライブマイカーを見た視聴者は、ネット上に疑問の声を残していますね。

そんなドライブマイカーの結末ラストと、韓国にいた専属女性ドライバーみさきについて調査していきました。

ドライブマイカーの最後はなぜ韓国なのか(ネタバレ注意)

ドライブマイカーはなぜ韓国で最後を迎えたのでしょうか。

まず、最後に描かれた内容をここで確認していきましょう。

【ドライブマイカーの最後】

家福は舞台の【ワーニャ叔父さん】を演じるか、それとも舞台を中止するか2者一択を迫られていた時、すこし時間が欲しいと言いました。

そしてドライバーのみさきに”このまま君の故郷へ行けるか”と話し、みさきは家福を自分の故郷へ連れていきます。

みさきが土砂崩れで見殺しにしてしまった母親との思い出がある家はまったくそのまま残っていたのです。

ドライブの途中で買った花束をその場にたむけながら、母との酷い思いでもあるが母一緒に暮らせて本当に幸せだったと言葉にします。

みさきのそんな言葉に思いを揺さぶられた家福は、自分も同じように妻の浮気現場を目撃してしまった自分の感情を真っすぐ向き合うべきだったと、もし向き合っていたら妻はまだ生きていたかもしれないと…。

家福「生き返ってほしい。もう一度話しかけたい」

悲しむ家福を優しく抱きしめたみさき、家福もやさしくみさきを抱きしめました。

その時のみさきの表情は今までないくらい柔らかで優しい表情でした。

帰ってきた家福は【ワーニャ叔父さん】を演じることになり、劇は無事に開幕します。

ラストは苦境にいるワーニャ演じる家福の後ろに優しくソーニャ演じるユナが近づき、手話で「わたしたちは生きていきましょう。」と語りかけました。

……

時が過ぎたあと、世界中で新型コロナウイルス感染が流行している中、みさきは韓国と思われる町のスーパーでマスクを着けながら買い物をしていました。

買物袋を抱え、みさきは家福の車と同じ赤いサーブに乗り込み、車内にはユンス・ヨナ夫婦とよく似た大型犬がみさきを待っていました。

ドライブマイカーの最後は、みさきが韓国に渡り、日常的に過ごしているかのような締めくくりをしましたが、家福の専属ドライバーをしていた時と同じ車の「赤いサーブ」に乗って、「ユンスとヨナ夫婦とよく似た大型犬を飼っていた」理由も気になるところですね。

そんなみさきはなぜ韓国にいたのか、みさきの過去と母親との思い出を見ていきましょう。

ドライブマイカーのみさき

みさきは物静かな家福専属のドライバーでしたが、時間が経つにつれ徐々に家福に心を開くようになります。

そんなみさきは、どこ出身で、なぜここまで車の運転が上手かったのでしょうか。

みさきを知ることで、なぜドライブマイカーの最後が韓国なのかどうかヒントが隠されていると思いますので見ていきましょう。

みさきの出身は

ドライブマイカーのみさきは最後に韓国で過ごしていましたが、出身は北海道。

中学から仕事に行く母親を駅まで送るため運転していたそうです。

中学から運転しているから、運転が上手かったというのも納得ですが、中学から運転させられていたみさきと母親はどのような関係だったのでしょうか。

ちなみに父親に関しては言及されていないので、父親とは離婚して2人で暮らしている状態だと言うことがわかります。

みさきと母親

みさきと母親の関係は客観的に見て決していい関係とは言えませんでした。

みさきがドライブしていると、車内で眠っている母を起こすようなことをすれば背中を蹴られたと言います。

みさきに対して冷たく暴力もふるっていた母親でしたが、決まって暴力をふるった後は母の人格が変わり「8歳児のサチ」になってみさきを慰めていたと言います。

今思えば暴力的な母親だけでは、母親の縁を繋ぎ留められなかったと思うとみさきは語ります。

つまりみさきはサチという存在がいて、その時だけは幸せな気持ちになれたのです。

母親は実際に病んでいたのか、それともみさきを大事に思っているからこその行動だったのか謎のままです。

みさきが18歳の時

5年前、みさきが18歳の時に運転免許がとれた年の時、実家が土砂崩れに遭いみさきは抜け出すことができましたが、母親はそのまま生き埋めになってしまいます。

この時たしかにみさきは母親を救い出すことができたかもしれませんが、自分が見殺しにしてしまったと話します。

みさきはその後車に乗って飛び出し、広島に着いた頃に車が故障。

後に自分の力で生き抜くためにゴミ収集車の運転手をしていたそうです。

ドライブマイカー結末ラストの意味を考察ネタバレ!

ドライブマイカーの結末ラストの意味についてネタバレ考察していきます。

ドライブマイカー結末ラストの意味は?ネタバレ考察

ドライブマイカーの結末ラストはみさきが韓国で、家福と同じ車「赤いサーブ」に乗って、ユンスとヨナ夫婦の犬に似た大型犬を飼ってドライブしているシーンで終わりを迎えます。

そこで気になるのは、故郷が北海道なのになぜ韓国に居るのかというところではないでしょうか。

ドライブマイカー結末ラストネタバレ考察①みさきの両親

みさきの両親に関しては母親のみ言及され、父親に関しては何も詳しいことは言われていません。

母親とは北海道で2人暮らしで間違いないですが、みさきの苗字を見ると「渡利」とあります。

この苗字は特に広島に多い苗字で、父親は広島県出身ではないかと考察できます。

みさきが土砂崩れが遭った後、車を運転して広島で故障してしまったのは何かの縁だったのかもしれません。

ドライブマイカー結末ラスト考察②家福とみさきの故郷へ

家福は演劇をやるかどうか時間が欲しいと言った後、みさきに「この車で君の故郷まで行けるか?」と尋ね、2人で北への旅が始まりますね。

北海道までの間、花束を買って母親と暮らしていた実家に行きます。

花をたむけながら、暴力的で冷たかった母だけど、本当は母のことが好きで幸せだったけど見殺しにしてしまった悔いを家福に告白しました。

同時に家福ももっと妻と向き合うべきだったとお互いの悔いを告白して、気持ちがスッキリしたように見えました。

ここで「憎しみ」「後悔」に対し向き合えた2人は、肩の荷が下りスッと軽くなったと考察できます。

また2人が抱きしめ合った時にみさきは表情を柔らかにしました。

みさきはこの時、母親を許し、自分も許し「生きよう」「前を向こう」と思ったから、表情が柔らかになったのだと考察できるのではないでしょうか。

ドライブマイカー結末ラストネタバレ考察③第2の故郷韓国へ

広島で出会った夫から離れるように、北海道で暮らしていたみさきと母親。

既にみさきが物心つくころには2人は離婚していたと思います。

そしてみさきの母親は在日韓国人だったのではないでしょうか。

また広い北海道の土地でポツンと暮らしていたことからわかるように、母親は在日韓国人という理由や外国人であることから何かしら差別を受けていたと考察できます。

もし差別をされていたのが事実であれば、情緒不安定なのも理解できそうですね。

最期にみさきが韓国へ行ったのは、在日韓国人として自分を産んでくれた母親を受け入れる気持ちになったためだと思われます。

また被差別部落の出身だと考えると、母親を差別した日本を捨て、韓国で過ごすことを決めたから韓国にいたのかもしれません。

ドライブマイカー結末ラストネタバレ考察④赤いサーブと愛犬

韓国で過ごすようになったみさきですが、家福の愛車である赤いサーブと、ユンスとヨナ夫婦の愛犬に似た大型犬を飼っていましたね。

意味深に思える展開ですが、単純に考察すると日本という国を離れたとしても家福との思い出は決して忘れていないと考察できるのではないでしょうか。

”家福との出会いで、自分と向き合ってまた生きようという気力が持てた”と同時に家福と長い時間過ごした赤いサーブは思い出に詰まっている車です。

またヨナ夫婦と同じような犬を飼ったのは、”生きる希望”として飼ったのではないでしょうか。

人間は自分一人だけではなく、誰かや何かのためであれば生きる希望が持てると思います。

その希望を自分の愛犬に託したのではないかと思います。

>>音が浮気した理由は何だったのか?実はある秘密が隠されていた?

まとめ

ドライブマイカー最後なぜ韓国?結末ラストの意味を考察ネタバレ!と題してお届けしました!

ドライブマイカーは最後なぜ韓国なのか結末ラスト考察ネタバレ調査していきましたが、みさきの母親が関係していたと思われます。

過去の憎しみや後悔と向き合うドライブマイカーは、人の心にある物語を軸にストーリー展開されているのではないでしょうか。

過去のわだかまりから解放された2人の結末ラストは、人に希望を与えてくれるような展開だったと思います。

>>「ドライブマイカー」を無料でお得に観る方法があった!