エンタメ

ガッキーのレプロ退所の理由は結婚じゃない?事務所のやばい評判を調査!

Pocket

今回はガッキーのレプロ退所の理由は結婚じゃない?事務所のやばい評判を調査!と題してお届けしていきます。

暗いニュースが続いている中、ガッキーこと新垣結衣さんと星野源さんが結婚という幸せなニュースが舞い込み、ネット上ではガッキーの話題で持ち切りですね!

そんなガッキーは所属事務所であるレプロエンタテインメントを退所することを発表しましたが、退所の理由は結婚ではなく、本当は事務所に問題があったのでは?という噂が広まっています。

そこでガッキーがレプロ退所した本当の理由や、事務所のやばい評判を調査していこうと思います。

ガッキーのレプロ退所の理由は結婚じゃない?

『逃げるは恥だが役に立つ』や『コード・ブルー』など数多くヒット作に出演してきたガッキーこと新垣結衣さんは、女優としてレプロエンタテインメントに所属していましたが、結婚を機にレプロとは一部契約を残して、契約終了でフリーで活動することを発表しました。

しかし実は結婚が理由ではないという噂が広まっています。

ガッキーレプロ退所の理由とは?

ガッキーこと新垣結衣さんは、所属していた事務所レプロエンタテインメントを退所することを2021年5月19日に発表しました。

長年携わってきた事務所退所は、ファンや世間にとってもインパクトの大きいニュースだったのではないでしょうか。

そんなガッキーがレプロを退所する理由は明らかになっていません。

今後ガッキーはレプロと一部契約を継続しながら、フリーで活動していくようなので関係性は悪くなさそうですが、レプロ退所の理由として以下のことが考えられそうです。

  • 結婚に事務所が反対したため
  • 自分のペースで仕事がしたいため
  • 前から退所しようと思っていたため

結婚に事務所が反対したため

レプロ退所の理由として考えられるのは”結婚に事務所が反対”したためではないでしょうか。

ガッキーはこれまで『逃げるは恥だが役に立つ』や『コールド・ブルー』など数多くのヒット作に出演し事務所に大きく貢献してきたと思います。

そんな大人気女優が退所となるとレプロエンタテインメントにとっても大きな痛手となるのは間違いないでしょう。

また結婚すると同時に家庭に入り、仕事をゆるやかなペースでしたいという要望もレプロ事務所は聞けなかったのかと思います。

自分のペースで仕事したいため

レプロ退所となった理由は”自分のペースで仕事したい”ためではないでしょうか。

レプロエンタテインメントと言えば、これまで能年玲奈さん、清水富美加さんやマギーさんが所属していた大手芸能事務所として知られています。

しかし立て続けに退所となってしまい、ガッキーに仕事が大きくしわ寄せされたのではないでしょうか。

多忙すぎるスケジュールに負担に思ったガッキーは、結婚を機に退所したいと願ったのかもしれません。

またガッキーは昔と比べ、仕事量を調整するようになってきました。

結婚を発表した際に書いた文章でも、自分のペースで仕事がしたい気持ちがあらわになっていることを感じさせます。

前から退所しようと思っていたため

レプロ退所となった理由は”前から退所しようと思っていた”ためではないでしょうか。

結婚を機に退所したように思われていますが、実は結婚して退所しようとしていたのではないかという声もあります。

寿退所をしたガッキーですが、退所したいと前から思っていたのであれば結婚というのは一番いい機会だったのではないでしょうか。

無理に事務所に所属していなくても、相手が星野源さんであれば頼りがいもありそうですよね。

ガッキー所属のレプロ事務所のやばい評判を調査!

ガッキー所属事務所のレプロエンタテインメントにはやばい評判があった?

レプロ事務所の裏側を探っていきました。

レプロ事務所の評判は?

ガッキーが退所となったレプロエンタテインメント事務所は、これまで各芸能人とのトラブルが報道される過去があったらめ、世間からの評判も悪いと有名です。

そんなレプロ事務所は過去に何があって評判が悪くなってしまったのか調査していくと数多くのやばい問題が隠されていたことがわかりました。

  • マギー熱愛もみ消し問題
  • 能年玲奈の干され問題
  • 清水富美加の出家問題
  • マリエ枕営業の問題

ではそれぞれどんなことがあったのか実態に迫っていきます。

マギー熱愛もみ消し問題

当時レプロに所属していたマギーさんと妻子がいるHi‐STANDARDの横山健さんとの熱愛不倫騒動では、レプロ事務所の圧により、騒動がスルーされた例があります。

実際にワイドショーやスポーツ誌にも大々的に取り上げられることがなかったマギーさんの不倫騒動ですが、この裏にはレプロ事務所が操作していたことが明らかになっています。

レプロ事務所はタレントのスキャンダルがあった場合、役職付きのスタッフが各社に乗り込み報道をなんとしてでも食い止めようとするという事実は、業界でも有名なことでしょう。

悪いことしたらすぐ謝るべきという、人道的なことから外れているレプロ事務所の行動に対し世間からの評判が悪くなるのもわかりますね。

能年玲奈の干され問題

「あまちゃん」で一躍有名になったの能年玲奈さんは、”のん”と改名し干され問題がありました。

2015年に独立騒動で干されてしまった能年玲奈さんは、レプロに所属しているにもかかわらず、事務所に無断で2015年1月に個人事務所「株式会社三毛&カリントウ」という事務所を立ち上げます。

2016年にはある事務所と契約を交わし、「株式会社non」を立ち上げています。

独立しようとする能年玲奈さんに対し”契約違反”だと主張するレプロ事務所とは話し合いの折り合いがつかず長年揉めにもめたことは有名ですね。

そんな能年玲奈に対し、退所後は芸名でありながら本名でもある「能年玲奈」という名前を使ってはいけないと訴訟され、「のん」という芸名に改名せざるおえなくなりました。

本名なのにおかしいとしか思えないですよね。

清水富美加の出家問題

女優の清水富美加さんは、レプロ事務所を退所し宗教団体「幸福の科学」に出家した事実があります。

出家となった理由は、まず第一に月給の安さでしょう。

それに水着やブルマの出演を強引に勧めたり「性的な対象」として見られるようになった点は、社会のゆがみや労働問題を感じさせます。

芸能界は一般社会人と違い特殊な業界です。

道徳を外れるような契約で働かされる辛さは本人が一番知っているのですが、なかなか芸能界の闇は明るみに出てきません。

枕営業の問題

レプロ所属タレントのマリエさんが枕営業の誘いを受けたと暴露した事実があります。

大物芸能人から枕営業の誘いを受けたとInstagramの動画にて15年越しの告発したマリエさんでしたが、1週間ほどでスルーされてしまい問題は未解決のままで終わっています。

当時18歳でまだ右も左もわからないマリエさんに対し、50代のMCが枕営業の誘いをするなんて闇を感じさせる内容ですね。

結果として枕営業を断ったマリエさんでしたが、大物芸能人と事務所に対し謝罪をする大問題にまで発展してしまいました。

レプロエンタテインメントに対しネットの声は?

レプロエンタテインメントに対しネット上の声で見ると、評判が良いコメントが見当たらないくらい評判が悪いことがわかります。

確かに数多くの芸能人と騒動があった事務所なので、評判がいいことは決してないでしょう。

また誰かが餌食になるのではないかと心配もしてしまいますが、新垣結衣さんが退所になって本当によかった!という声が多く寄せられています。

まとめ

ガッキーのレプロ退所の理由は結婚じゃない?事務所のやばい評判を調査!と題してお届けしていきました。

ガッキーが所属しているレプロ事務所がどれだけやばい評判があるのか調査していきましたが、芸能界の闇を感じさせる内容でしたね。

果たしてガッキーの退所理由は何なのか明らかになっていませんが、事務所の評判の悪さも関係しているのかもしれません。