映画

ハロウィンの花嫁までの時系列まとめ!死因や死んだ順番を公開!

Pocket

ハロウィンの花嫁では警察学校編のメンバー「降谷零(安室)、松田陣平、伊達航、諸伏景光」5人が登場してきますが、現時点で安室以外の4人は死んでいます。

そんな警察学校の同期メンバーの死因や死んだ順番を調査し、ハロウィンの花嫁までの時系列でどんな事件があったのかまとめていきたいと思います。

そこで今回はハロウィンの花嫁までの時系列まとめ!死因や死んだ順番を公開!と題してお届けしていきますので、早速見ていきましょう!

ハロウィンの花嫁までの時系列まとめ

ハロウィンの花嫁の時間軸になるまで、どんなことがあって、3年前の今頃にはどんな事件があったのかのでしょうか。

ハロウィンの花嫁では11月7日の前のハロウィンで、花嫁に扮する佐藤刑事が強姦に襲われそうになり高木刑事の身に危険が起きるという内容になっています。

そして主要キャラクターの降谷零(安室)含め、4人の警察学校組も登場しますが、降谷以外既に死亡している設定となっています。

そんなハロウィンの花嫁の時系列になるまで、警察学校組と呼ばれる彼らが生前どんな事件に立ち向かっていたのか本編の中でも3年前の回想シーン重要なポイントになってきます。

コナン君の口からも「3年前の8月6日に安室さんは松田刑事に会ったんだよね」とあるので、ハロウィンの花嫁までの時系列をここで正確に確認していきましょう。

ハロウィンの花嫁の花嫁までの時系列まとめで徹底調査!

【警察学校編】7年前↓

萩原、伊達、松田、諸伏、降谷(安室)の5人が同期として同じ警察学校に入校し卒業します。

  • 松田と萩原は幼少期からの親友
  • 諸伏と降谷は小学校の頃からの親友

【爆発事件の発生】7年前↓

警察学校を卒業してすぐ萩原が爆発事件亡くなります。

この時の犯人は逃亡したため逮捕されずに、松田は自分の親友(萩原)を殺されたことで犯人を強く恨み、仇をとるためにも爆発物処理班→捜査一課に移動します。

【爆発事件の発生】3~4年前↓

萩原が死亡してから3年後に、萩原の死因になった犯人が再び爆弾を仕掛け、松田が死亡してしまいます。

ここで松田に想いを寄せていた佐藤が、松田の仇を討つこととなります。

【諸伏の自決】2~3年前↓

黒の団体「スコッチ」に諸伏(ヒロ)が潜入捜査を開始するが、自分の拳銃で自決して死亡してしまいます。

団体に「公安警察」であることがバレてしまったためでしょう。

ちなみに諸伏(ヒロ)の死亡時期は具体的に描かれていません。

【伊達渉の死亡】1年前↓

伊達は徹夜で張り込みをした後に、居眠り運転の車に突っ込まれ死亡してしまいます。

【警視庁1200万人の人質】数ヶ月前↓

同じ連続爆発犯が再び爆弾を仕掛け、コナンたちの手によって解体されます。

犯人を追う佐藤が恨みのあまり、拳銃で犯人を殺そうとしますが、高木刑事がそれを止めます。

この件がきっかけとなって高木と佐藤は交際を始めます。

【ハロウィンの花嫁】現在

高木と佐藤の結婚式が行われているところ、花嫁に扮した暴漢が乱入し佐藤を襲いますが、それをかばった高木が怪我を負ってしまいます。

この時と同じくして、これまで爆弾を仕掛けて生きた連続爆弾事件の犯人が刑務所から脱獄してしまいます。

更に降谷は首に時限爆弾を仕掛けられてしまうのです。

時系列をまとめていきましたが、原作とアニメ版では死んだ日にちが1日違いだったり、内容が矛盾している点が見られます。

というのもハロウィンの花嫁では、3年前の事件と交差しながら内容が進んでいくため、頭がこんがらがってしまうのです。

ここで確認しておきたいポイントをここでお伝えしていきますね!

  1. ハロウィンの花嫁の時間軸は、原作で考え萩原と松田の命日の設定で11月7日と考えられます。
  2. また爆弾を仕掛ける犯人はアニメ304話で逮捕されていると考えると、ハロウィンの花嫁の時間軸は1月6日の設定になります。

【ハロウィンの花嫁を鑑賞する際のポイント】

  • 高木と佐藤は1月6日の事件以降交際を続け、同じ年のハロウィンから11月に(結婚式で)大事件と遭遇します。
  • 高木と佐藤が交際するきっかけとなった日と同日の1月6日に逮捕された爆弾犯人(※アニメ304話<2003年1月6日>)は、10ヶ月近く経過したハロウィンの頃に脱獄成功します。
  • 松田など含める警察学校組の命日は原作基準。

複雑な時間軸となっていますが、高木と佐藤が交際し始めた日に、連続爆発事件の犯人も逮捕され、ハロウィンの花嫁の時間軸は、高木と佐藤が結婚式を挙げている間に事件に巻き込まれたと同時に犯人も10ヶ月時間を経て脱獄に成功したと考えると分かりやすいと思います。

つまり1月6日の”同年”に二つの事件が起こってしまったということになります。

ハロウィンの花嫁で警察学校組の死因や死んだ順番を公開!

警察学校組の死因や死んだ順番を分かりやすく紹介しまとめていきます。

警察学校組の死因と死んだ順番を公開

死亡した順番 名前 死因 死亡時期/命日
萩原研二(はぎはら・けんじ) 爆弾解体中に爆発し死亡 現時点から7年前

命日11月6日(原作11月7日)

松田陣平(まつだ・じんぺい) 観覧車に設置された爆弾を解体中にヒントを得ようと爆発し死亡 現時点から3~4年前

命日11月6日(原作11月7日)

諸伏景光(もろふし・ひろみつ) スコッチとして黒の組織に潜入中に自決 現時点から2~3年前
伊達航(だて・わたる) 居眠り運転中の車に衝突し死亡 現時点から1年前の2月7日

警察学校組の死因を詳しく紹介

警察学校組の4人はどのような事件に立ち向かい、死んでしまったのか、死んだ順番に沿って詳しく紹介していきます。

①萩原研二の死因

原作で萩原研二が亡くなったのは7年前の11月7日(アニメ11月6日)です。

死因:爆弾解体中に止まったはずの爆弾が再起動したため、爆発死

萩原は原作で名前しか登場していなく、アニメ「揺れる警視庁 1200万人の人質」で初めてビジュアルが明らかになりました。

萩原は松田陣平と同じく爆発物処理班に所属しています。
萩原は爆弾を解体した後、松田に大丈夫と電話で報告しますが、その時にタイマーが再起動し爆発したため死亡してしまいます。

この時萩原は爆弾解体するときに着るはずの防護服を着ていなく、電話で松田にも注意されていたのです。

後に事件は起きてしまい、松田は親友である萩原のために仇を打つことを決意します。

②松田陣平の死因

原作で松田陣平が亡くなったのは3年前の11月7日(アニメ11月6日)です。

死因:観覧車に設置された爆弾を解体後ヒントを見るために爆死

事件は萩原の命日に「爆弾摩から爆発予告」がFAXで届き、暗号を説いた松田が事件現場の観覧車へ到着します。

観覧車での爆弾を解体しかけた後に”爆弾の電光掲示板に「爆発する3秒前にもう一つの爆弾がある」と示すメッセージが…。

そこで松田は爆弾を解体せず、佐藤に電話で連絡し無事にもう一つの爆弾の解体を成功させます。

代わりに松田は犠牲となってしまうのでした。

③諸伏景光の死因

諸伏景光(ヒロ)が亡くなった日は原作でも明確になっていませんが、ハロウィンの花嫁で具体的な命日が明らかになってくると思われます。

死因:黒の組織に「スコッチ」として潜入捜査していたヒロは、自分の正体が”公安警察”であることが組織にバレてしまい自決。

諸伏はライこと赤井秀一と潜入捜査していました。
ついに正体がバレてしまったと赤井に報告した諸伏は、FBI捜査官を装っている自分(赤井)なら諸伏を逃がすこともできると提案します。
しかし誰かが2人のいる屋上に駆けあがってくるのを聞いた諸伏は、赤井の拳銃を奪い自決してしまうのです。

この時諸伏は、公安警察との履歴があったらヤバイと思い、携帯ごと銃で打ちぬいています。
この携帯は諸伏の遺品として諸伏高明が受け取っています。

この経緯があって降谷は赤井が諸伏を殺害したと思って恨んでいるようです。

④伊達航の死因

原作で伊達刑事が亡くなったのは3年前の2月7日です。

死因:後輩にあたる高木刑事と徹夜張り込みをしていた後のこと、落とした手帳を拾おうとして居眠り運転の車が歩道に突っ込んできたため死亡。

意識がもうろうとしている中、伊達刑事は高木刑事に「後は任せた」と言いながら手帳を渡します。

この日は伊達の彼女ナタリーの両親に挨拶する日でした。
高木に渡した手帳にはナタリーに渡すはずの指輪が入っていたのです。
しかし、ナタリーも伊達が亡くなったことで生きる気力を失い自殺してしまいます。
結局指輪を渡すことは叶いませんでした。

天国で二人が結ばれることを願いたいですね。

そしてこの手帳には指輪の他にも隠されていることがわかりました。

それは伊達が亡くなる前に張り込んでいた事件です。

この手帳には、事件の犯人の全貌がわかっていた伊達が記した暗号が書いてありました。

伊達は車に引かれるまで、高木に事件の詳細を見せようと手帳を手に取ったのです。
手帳にある暗号は取引場所を指していて、伊達が高木に「あとは任せた」と言ったのはこの事件を解決してほしいという意図があったことがわかります。

最後の最後まで刑事をやり遂げた伊達の行動を考えると、とても感動的ですね。

この内容は原作の101巻に描かれています。

まとめ

ハロウィンの花嫁までの時系列まとめ!死因や死んだ順番を公開!と題してお届けしていきました。

ハロウィンの花嫁までの時系列で、警察学校組の降谷零以外の4人が萩原→松田→諸伏→伊達の順番で亡くなっています。

死因はどれも連続爆発事件を起こした犯人と深く関りがあったことがわかりましたね!

ハロウィンの花嫁では降谷を主人公に爆弾摩と因縁の戦いの幕開けとなると思います。

4人の意志を継いで降谷がどんな戦いを繰り広げていくのか楽しみですね!