映画

緋色の弾丸の石岡エリー最後何と言った?合図の意味や照れた理由を考察!

Pocket

劇場版名探偵コナン緋色の弾丸のエンディングで、コナンが灰原哀に合図しているのを石岡エリーが目撃してハッとなるシーンがありますね。

コナンが灰原哀に言葉にせず手だけで伝えた合図に対し、意味をしっている石岡エリーは手で口を抑えて照れている様子を見せました。

そこで今回はコナン達は最後何と言ったのか調査し、合図の意味を考察すべく、緋色の弾丸の石岡エリー最後何と言った?合図の意味や照れた理由を考察!と題してお届けしていきます。

緋色の弾丸の石岡エリー最後何と言った?

緋色の弾丸の最後のエンディングテーマが流れている間に流れた映像の中で、石岡エリーは何に気付いて、コナンたちは何を意味して合図を灰原哀に送ったのでしょうか。

緋色の弾丸最後のエンディングテーマが流れるシーンをもう一度確認してみましょう。

緋色の弾丸の(最後)エンディング

緋色の弾丸のエンディングでは、無事に事件を解決に導いたコナンの元に、毛利蘭が走ってきてコナンをハグします。

そこでコナンは近づいてきた灰原哀に、警察バッジをヒラヒラさせて手で合図のような、サインを出しますが、唯一気付いたのが石岡エリーでしたね!

エンディング曲が流れながら流れた場面でしたが、視聴者やファンにとってはとても、たまらない場面になっています。

石岡エリーにセリフはなかったですが、ハッと照れたような反応を見せる姿がとても印象でした。

ここで画像でも振り返ってみましょう。

毛利蘭にハグされて少し照れ気味なコナンですが、近づいてきた灰原哀に気付き、警察バッジをヒラヒラと見せて何かしらの合図を送ります。

それを見た灰原哀は、最初拗ねたようなムスっとした顔をしましたが、無言で「わかってるわよ」のような表情を見せてコナンと同じ合図を送っていましたね。

それを見た灰原哀の背後に立っている石岡エリーは、2人だけの合図に気付いて、手で口を抑えて、驚きと照れたような反応を見せました。

この合図はコナンと灰原哀だけがわかるものなのですが、石岡エリーが発見してしまうのは面白かったですね!

そんなコナンと灰原哀が交わした合図は。言葉にするとどんな意味を表すのか気になります。

緋色の弾丸の石岡エリーの合図の意味や照れた理由を考察!

緋色の弾丸でコナンと灰原哀の間で交わされた合図に石岡エリーはどんな解釈をしたのでしょうか。

気になる合図の意味と石岡エリーが照れた理由を調査していきます。

緋色の弾丸の最後の合図はどんな意味?

警察バッジをヒラヒラさせて合図するのは、警察官たちが知る合図なのか調査していきましたが、警察官が送り合う合図とは違うようです。

この合図は灰原哀に向ける「君がいて、助かった」という意味なのではないでしょうか。

毎度の事灰原哀は頭脳プレーが素晴らしいのですが、今回の作品「緋色の弾丸」では特に灰原哀の活躍が見られました。

トランシーバーや眼鏡、クレンチの解説など、多くの場で頭のキレる灰原哀はコナン以上に大活躍だったかもしれません。

もし灰原哀が、コナンの相棒として傍にいなければ今頃事件はどうなっていたことか…と思うほどです。

そこで最後灰原哀と目が合ったコナンは、助かったよ!と合図を送り、それに対し灰原哀は「ほんと、私がいないとダメね」もしくは「そうでしょ、わかっているわよ」と、同じポーズをして返事をしたのかもしれないと考察します。

緋色の弾丸の最後石岡エリーが照れた理由とは?

緋色の弾丸の最後の合図を見た石岡エリーは、照れた様子で口を抑えていました。

照れる理由として濃厚なのがコナンと灰原哀は「恋仲と気付いたから」というのと、もう一つは「2人の関係が素晴らしいこと」、以上の2つの意味があると思いますので、それぞれ考察していこうと思います。

石岡エリーが照れた理由①2人が恋仲だと気付いた

コナンと灰原哀の合図は相棒としてのコミュニケーションとも見て取れる一方、石岡エリーが照れて口を抑えたように、2人は恋仲もしくは友情より深い関係だったと考えられるパターンです。

石岡エリーは、背後でコナンたちのやりとりを見ていて「この2人はそんな関係(恋仲)だったんだ…!」と思って、照れて口を抑えたのでしょう。

皆さんはコナンの正体が新一だとわかっているので、コナンは毛利蘭と結ばれる運命であることも知っていますよね。

ですがコナン=新一と知らない石岡エリーは、年齢が近いコナンと灰原哀が固い友情で結ばれている、もしくは恋愛関係であると考えていると思っても不自然ではないと思います。

石岡エリーが照れた理由②2人の関係が素晴らしいこと

どんな場面でもコナンと灰原哀は同じ場所で同じ時に活躍をしています。

指示を飛ばしているときや、「パラシュート!」って叫んだとき、井上からタブレットを奪ったときでも、灰原哀はコナンの傍でずっと戦ってきました。

また灰原哀は離れた場所でも共闘をずっとみていた人でもあるので、2人が静かに交わす合図を見て「本当に2人は固い絆で結ばれていて素敵な関係なんだな…」と石岡エリーは思ったのかもしれません。

戦友のような2人の関係に石岡エリーがハッと気づかされた瞬間が、このエンディングで描かれたのだと思います。

まとめ

緋色の弾丸の石岡エリー最後何と言った?合図の意味や照れた理由を考察!と題してお届けしていきました。

緋色の弾丸で石岡エリーが見たコナンと灰原哀のやりとりは、友情に愛情、そして固い絆で結ばれているからこそ通じ合うやり取りだったのではないでしょうか。

そんなコナンたちのやりとりに、石岡エリーが照れた理由は、2人の関係が友達以上だったと気付いた可能性も考えられますし、2人の仲は言葉で表現できないほど深いものだったとハッと気づかされた瞬間だったのかもしれません。

にしても同じ合図で返し合うなんて、本当にコナンと灰原哀の関係は素敵ですね!