ドラマ

花郎テテ死んだのは何話?理由はスケジュール調整も原因だった?

Pocket

今回は花郎テテ死んだのは何話?理由はスケジュール調整も原因だった?と題してお届けしていきます。

NHK放送されている韓国ドラマ”花郎(ファラン)希望の勇者たち”で、ソク家生まれのテテBTSのV)演じるソク・ハンソンは、父と使用人で生まれた兄ソク・タンセを持つ人物。

身分は低く祖父からは差別されて苦難を日々を過ごしていましたが、花郎に入ることで運命を変えていきます。

そんな花郎作中でも大人気のテテは、なぜ死ぬ設定になってしまったのか、視聴者として気になった人も多いのではないでしょうか。

そこで花郎でテテが死んだ理由や何話で出るのか、死んだ原因はスケジュール調整だった真相を明らかにして行こうと思います。

花郎テテ死んだのは何話?

韓国ドラマ花郎は、韓ドラ史上最高の美少年率で放送され話題となりましたが、メインキャラクターのテテ演じるソク・ハンソンが亡くなってしまい、ファンからは悲しみの声が寄せられていますね。

そんな花郎でテテ(BTSのV)が死んだ原因や、何話にテテが登場して死んでしまったのか調査していきました。

花郎テテの死んだシーン何話に出る?


花郎のテテが死んだシーンは、オリジナル版とDVD・テレビ放送・動画配信サービスで違いがあります。

  • 花郎20話完結オリジナル版:18話
  • 花郎24話完結TV放送・DVD・動画配信:22話

完結話数の違いで、花郎テテ登場シーンも変わってくるので自分が視聴している方法を確認してみて下さいね。

花郎のテテの死んだ原因は?

チョ・ユヌ演じるヨウルと花郎に入ることになったV・テテ演じるハンソンは、様々な逆境を乗り越えながら成長していく姿が描かれました。

そんな花郎のテテが死ぬことになったのは22話(18話)です。

※ここからはネタバレとなりますのでご注意ください、

ソヌを庇うハンソン

ソク家として父と使用人の間で生まれたソク・ハンソン(テテ)と兄のソク・タンセ(キム・ヒョンジュン)。

そんな2人は身分が低いため祖父のソク・ヒョンジェから差別を受けていました。

反太后派の長は、ソヌを王だと勘違いしているため、祖父ヒョンジェにソヌを殺害するように命じます。

そこで祖父ヒョンジェは、タンセに毒物でソヌを殺害するように命じるのでした。

もし計画に失敗したらハンソンを殺すと脅されたタンセは、いう事を聞く他の方法はなかったのです。

そこで祖父ヒョンジェから兄タンセに届いた手紙を読んだハンソンは、ソヌが毒殺されることを知ってしまいます。

そこでソヌを庇い、タンセを止めるために現場に向かったハンソン。

兄に殺されるハンソン

タンセはソヌに対陣を要請し、刀に猛毒をぬってソヌを殺そうとしていました。

そこでハンソンは、タンセとソヌが対陣している現場を目撃します。

そこでソヌが刀に差されようとしたところを、ハンソンが防ぎ刺されてしまうのです。

「兄さん、どういうことだ。なぜこんなことをするんだ。おじいさんがくれた薬をなぜここに塗った?」

兄は良い兄じゃない…とどんどん薄れていく意識の中で、ハンソンはソヌに「うちの兄を嫌わないで」と最後に一言話し、亡くなってしまいます。

花郎テテが死んだ理由はスケジュール調整も原因だった?

花郎でテテの死を目の当たりにしたソヌ、そしてそれを知った花郎たちは悲しみにくれました。

同じくして視聴者やファン達も悲しみの渦に巻き込むことになりました。

他にシナリオはなかったのか疑問になるところですが、死ぬ設定になったのはテテの多忙すぎるスケジュールが原因のようです。

花郎でテテが死んだ原因は多忙すぎるテテのスケジュール?

世界的アーティストBTSメンバーの一人であるテテ(V)は、想像も絶する程多忙であるのは間違いありません。

花郎でテテが死んだ原因は、テテのスケジュールが多忙で全話出演するのが難しいと判断されたためです。

多忙なテテのスケジュールを調整するためにも、死ぬことになったハンソンですが、納得いくような物語構成で、伏線の回収も見事だったと思います。

ここでテテが死ぬことによって、物語はまた濃く視聴者の印象に残ることができたのではないでしょうか。

まとめ

花郎テテ死んだのは何話?理由はスケジュール調整も原因だった?と題してお届けしていきました。

花郎でテテが死んだのは20話オリジナルで18話、24話構成のTV放送なら22話です。

そんなテテ演じるハンソンがシナリオで死ぬことになったのは、テテの多忙なスケジュールが原因だったことがわかりましたね!

BTSのテテが本格的にドラマ出演となったのは、花郎が初ということで、今後もオファーが絶えなさそうです。

ドラマ出演で更に多忙となりそうなので、体調が悪くならないように願いたいですね。