韓国ドラマ

【気象庁の人々】最終回16話あらすじネタバレ!結末はハッピーエンド?

Pocket

【気象庁の人々:社内恋愛は予測不可能?!】は、24時間市民のために働く気象庁を舞台に繰り広げられる仕事と恋愛を交えたヒューマンラブストーリー。

主人公は原則主義者で融通が利かない恋愛下手なチン・ハギョン(パク・ミニョン)。

ハギョンは社内恋愛で苦い思いをしたため、もう社内恋愛はしないと誓ったはずなのに新しくチームに入った特報担当の年下同僚、イ・シウ(ソン・ガン)と出会いによって新しい風が吹きます。

そんなハギョンとシウは、最終回16話でハッピーエンドを迎えるのか、結末が気になってしまいますね。

そこで今回は【気象庁の人々】最終回16話あらすじネタバレ!結末はハッピーエンド?と題してお届けし、最終回のあらすじネタバレを調査していきました。

【気象庁の人々】最終回16話あらすじネタバレ!

【気象庁の人々】は、2022年2月12日(土)よりJTBCとNetflixにて16話構成で配信・放送される韓国ドラマです。

そんな【気象庁の人々】の最終回16話ではどのような結末を迎えるか、あらすじネタバレを調査していきます。

【気象庁の人々】あらすじ

舞台は24時間の一瞬一瞬で変化する天気を予測するために働く気象庁。

その中で「キム秘書はいったい、なぜ?」で一躍有名になったパク・ミニョンさんは気象庁総括2課の総括予報官“チン・ハギョン”役を演じます。

ハギョンは総括2課を率いるリーダーで真面目に働き過ぎなのか、社内では“自発的なアウトサイダー”とも呼ばれ、仕事優先で融通の利かない恋愛下手として知られています。

そんなハギョンはスポークスマン室の通報管の“ハン・ギジュン”(ユン・バク)と社内恋愛していましたが、結婚まで考えていたのに酷い別れ方をして破局してしまいます。

これを機に社内恋愛はもう絶対しないと心に決めたハギョンでしたが、チーム内に新しく年下の特報担当“イ・シウ”(ソン・ガン)が加わることになり、彼女の胸に新しい風が吹き始めることに…。

社内恋愛をしないと決めた心とは裏腹に、お互い惹かれていくハギョンとシウはどうなるのでしょうか。

【気象庁の人々】最終回16話あらすじネタバレ!

【気象庁の人々】最終回16話では、ハギョンとシウの恋の行方に注目したいところですが、まだ詳細なあらすじに関しては未公開となっているため、最終回16話はどのように展開していくかネタバレ予想していこうと思います。

正確なあらすじはまた分かり次第追記していく予定です。

【気象庁の人々】最終回16話ネタバレ予想

【気象庁の人々】の最終回では主にハギョンとシウの恋の行方に関して描かれると予想します。

お堅い先輩のハギョンに、自由奔放な年下男子シウ。

単なる年下男子とのラブロマンスであれば、わざわざ気象庁を舞台にしなくても描けると思います。

【気象庁の人々】というタイトルにしたように、なかなか予測できない天気と同様に人の心も1秒1秒変化していくドラマなのだと予想します。

社内恋愛はもうこりごりだけど…?

ハギョンとシウの関係ですが、最初は仕事第一と考えお互い相手にもしなかったと思います。

ハギョンは仕事の腕もよく、一発で難関な5級気象職公務員試験に合格するくらいの頭の良さで、難なく仕事をこなしていきますが、恋愛下手で人間関係がクールすぎるのがたまにきず。

そんなハギョンに対し、自然豊かな場所でのびのびと育ってきたおおらかな性格を持つシウは、とっつきにくいハギョンと違って社内でも人気者となっていくと思われます。

シウに対し鼻につくハギョンですが、熱心に仕事する姿や、ハギョンには予測できなかった天候の変化をピタリと当てる姿を見て心境が変わってくるでしょう。

自分と正反対で魅力的な年下男性、だけど社内恋愛は…と葛藤するハギョンの心情にも注目したいところです。

付き合いが始まっても衝突する2人

恋仲になったとしても、全く二人の性格や性向が正反対なためにぶつかり合うことは確実ですよね。

ああ言えばこう言うで、2人は衝突しますが、衝突することで自分の欠点が見直され成長していくハギョンとシウの姿は、視聴者が応援したくなるようなストーリー展開になっているはずです。

たまに素直になれない可愛いハギョンの姿も見てみたいですね!

仲良さそうな2人を見つめる元カレの存在

(画像引用元:JTBC)

ハギョンとシウは徐々に打ち解け、恋愛するようになりますが、そんな2人を不穏そうに見つめる元カレの存在も気になります。

「失ってから気付く愛」というものもあるので、元カレのハン・ギジュン(ユン・バク)は、ハギョンとシウの仲を割って、ハギョンを振り向かせようとするのでしょうか。

また気象に関する記者のチェ・ユジン(ユラ)は、気象庁を取材していく内に誰かと恋に落ちたりするのでしょうか。

社内恋愛ならではの”あるある”と、気象庁という緊張感あふれる職場で繰り広げられる恋愛模様は、天気予報の様には予測できないのです。

【気象庁の人々】最終回16話結末はハッピーエンド?

【気象庁の人々】最終回16話の結末はハッピーエンドであってほしいですよね!

そこで【気象庁の人々は、どんなハッピーエンドが予測されるのか調査していきました。

【気象庁の人々】最終回結末はハッピーエンドの予報⁈

【気象庁の人々】の最終回結末はハッピーエンド予報で間違いないと思います。

ですがどんなハッピーエンドなのか、登場人物すべてがハッピーエンドとなるのか気になるところですね。

【気象庁の人々】制作陣は以下のコメントを残しています。

「本日公開されたポスターの中には別れた後も職場の中でぶつかるしかない社内恋愛の残酷さ、しかし、またやってくるかも知れない甘いときめきをすべて盛り込んでいる。4人の男女の視線と表情の意味は、2月12日の初回放送で明らかになる予定だ。社内恋愛の矢印がどこに向かうのか、興味深い関係を一緒に見守ってほしい」

別れた後でも目をつぶって過ごす社内恋愛のリアルな面と、また新しく惹かれ合う男女の面、両方を掛け合わせた【気象庁の人々】は、私たちにとって身近なストーリーになっていくかもしれません。

そんな【気象庁の人々】結末で一番気になるハギョンとシウの恋の行方ですが、結婚を前提に付き合いを深めていくか、もしくはゴールインする可能性もあります。

性格は正反対でありながらも、お互いを尊重し合い仲のいいカップルにまっていくと思います。

ハギョンにない所はシウにあって、シウにある所はハギョンにはないのですから、お互い魅力的な相手であることがわかります。

人間は天気予報の様に正確な情報を求めたがりますが、恋愛に関しては幸せな時もあれば嵐のように悩んで苦しい時だってあります。

ハギョンとシウは、どんな苦境になろうとも2人一緒であれば乗り越えられると思うのではないでしょうか。

まとめ

今回は【気象庁の人々】最終回16話あらすじネタバレ!結末はハッピーエンド?と題してお届けしていきました。

【気象庁の人々】最終回16話あらすじネタバレについては、分かり次第追記していく予定です。

結末は間違いなくハッピーエンド!恋愛下手なハギョンが、シウによってどのような成長を遂げていくか、登場人物の恋愛模様はどんなストーリーで展開していくか楽しみですね!