映画

「恋は雨上がりのように」映画ラストの意味は?あらすじや評判も調査!

Pocket

あの時、あの頃をを思い出させてくれる、しっとり切ない淡い恋物語を家でゆっくり見たい時ってありますよね。

今回は映画マニアが提案する、感動して思わず涙を流してしまう、不器用な年の差ラブストリー映画「恋は雨上がりのように」をレビューしていきます。

漫画家盾月じゅんさん原作の「恋は雨上がりのように」は、2014年から2016年にかけて『月刊!スピリッツ』にて連載され、のちに人気を呼び2018年にテレビドラマそして、同年に今回ご紹介していく映画「恋は雨上がりのように」が劇場公開されました。

物語の主人公となる女子高生の”あきら”は、アルバイト先のファミレス店長の冴えないおじさんに恋心を抱く話です。

そんな年の差ラブストーリーは最初から望みがないと思いきや、とても透明感あふれる繊細なラブストーリーになっているので、一見する価値のある映画だと思います。

果たして”あきら”は、店長と結ばれるのでしょうか。

気になる淡い恋心の展開を、感想を交えながら、レビューしていきます。

「恋は雨上がりのように」はどんな内容?

原作漫画の「恋は雨上がりのように」を実写化したこの作品は、タイトルの通り”雨上がりのように”気分が晴れやかになる、透明感あふれるラブストーリーになっています。

若かったあの頃を思い出してみると、主人公の”あきら”に共感する部分があり思わず感動して涙を流してしまうかもしれません。

叶えられないはずの恋とわかっていたとしても、恋してしまうのが人間の本能ですよね。

そんな女子高生”あきら”を主人公に、店長に不器用に恋をする模様は、見ているこちらもキュンッと切ない気分にさせます。

なぜ”あきら”は店長に恋してしまうのかも、見ていく内にわかってきます。

では、映画「恋は雨上がりのように」のあらすじを見ていきましょう。

「恋は雨上がりのように」あらすじ

主人公は感情表現が不器用な女子高生「あきら」17歳。

今はバツ1子持ちの冴えない店長に会えるのが楽しみで、ファミレスのアルバイトをしています。

あきらは元々陸上部で、トップを行く有望な選手でした。

ですが、競技で走っている間に足をくじいてしまい、夢だった陸上選手を諦めざる負えなくなってしまいます。

そんなあきらが、アルバイトに明け暮れる日々に友人は心配をしていましたが、あきらは密かにファミレスの店長”近藤正己”45歳に恋心を募らせていきます。

それは以前、店長の優しさに触れたのがきっかけで、いつの間にかあきらの中で気になる存在になっていったからです。

たとえ28歳も年上でも、まっすぐに恋をするあきら、そしてそんなあきらの気持ちにちっとも気付かない店長。

店長があきらの恋心に気付いたとき、2人の恋の行方はどうなっていくのでしょうか?

「恋は雨上がりのように」監督と登場人物は?

原作漫画「恋は雨上がりのように」を実写版監督した監督や、映画の基本情報について知っていきましょう。

ここで主な登場人物をチェックして、映画の世界がより楽しめるようにしていきたいですね!

監督

「恋は雨上がりのように」の実写版映画の監督は、映画「帝一の國」や映画「世界から猫が消えたなら」などの作品で監督を務めたの永井聡さんです。

そんな映画監督の永井聡さんは、監督を務めながらテレビCMのディレクターも務めるマルチに活躍する人物です。

1994年に武蔵野美術大学造形学部映像学科を卒業し、葵プロモーション(現・AOI Pro.)に入社し、CMディレクターとなったのちに、2004年にCluB_A所属をしました。

現在はAOI Pro.執行役員としてチーフクリエイティブオフィサーです。

これまで多くの話題作に携わり、今後2021年には映画「キャラクター」を公開する予定になっています。

永井監督は「恋は雨上がりのように」のような作品は今まで撮ったことなく、初挑戦で挑んだ作品であるとコメントしています。

漫画を忠実に再現するだけではなく、映画ならではの味を出せるように工夫を施しているようです。

作品情報

【作品情報】

  • タイトル:「恋は雨上がりのように」
  • 監督:永井聡
  • 製作:2018年製作
  • 上映:111分(G)
  • 製作国:日本製作
  • ジャンル:青春/ラブストーリー

登場人物

主演:若手実力派女優・小松菜奈

女子高生のあきら役を熱演します。

原作漫画を知っている人は、小松菜奈さん以外の女優は務まらないと感じるくらい、あきらにぴったり合った女優さんだと思うでしょう。

陸上部でエースだったあきら。

走るのが大好きで陸上選手のトップを目指していましたが、足を怪我してから夢を諦めざる負えなくなります。

アルバイトをしだし、優しい店長に恋心を募らせる女子高生です。

店長役:大泉洋

ファミレス店長の近藤正己を演じるのは、ドラマやアニメーション、映画など幅広く活躍する大物俳優の大泉洋さんです。

店長はバツ1幼い息子持ちの45歳、本が大好きで、夜な夜な本を読んでいます。

昔は作家志望でしたが、いつしか夢止まりになり、ファミレスの店長に。

アルバイトには冴えない店長どまりで、昇進には程遠い人物とも言われてしまいます。

そんな店長は、あきらのまっすぐでエネルギッシュな姿勢に刺激され、作家が夢だった自分の気持ちを思い出すようになります。

おすすめの泣けるシーンはこれだ!

「恋は雨上がりのように」を見ると、青春時代を思い出します。

部活を頑張ったあの頃、初めて恋をしたあの頃。

何でも一生懸命頑張る姿は心打たれるものがありますよね。

そんな「恋は雨上がりのように」のおすすめ泣けるシーンを感想を交えながら紹介していきます。

一度は夢を挫折したが再び走り出す姿に涙

あきらは陸上部のエースでしたが、足の怪我で医師に「走ることはできない」と診断されてしまいます。

あれほど好きだった陸上を、たった一つの怪我で諦めざる負えなくなってしまうのは悔しくてたまらなかったのは間違いないと思いますが、あきらは感情表現が不器用で、クールなフリをしていたようです。

”本当は走りたい”

そんなシーンが登場するのですが、自分の気持ちとは裏腹に身体は言うことを聞いてくれません。

そんな悔しい想いが画面越しに伝わってくると感じました。

あきらがバイト中に、忘れ物をしたお客様にものを届けるシーンは、あきらの足の速さを物語っています。

映画終盤で見せる店長とあきらそれぞれの想い

映画の終盤になると、二人の心境がだんだん変わってきます。

モヤモヤがあった序盤と違い、まるで雨上がりのように爽やかな展開になっていきます。

特にお気に入りのシーンとなるのは、あきらが海辺で店長と語り合うシーンです。

あきらと、店長の息子が海辺で、かけっこの練習をするシーンはとてもキラキラ輝いて素敵場面でもあります。

原作でも同じシーンはありますが、眩しいほどの輝きを帯びたあきらの姿がみれるのは映画ならではの味ではないでしょうか。

映画終盤ではあきらが、怪我に負けず再び走ることを決意します。

素直に感情表現をできなかったあきらも、素直に映画を見せるところはとても爽やか。

そして店長の「ずっとシフトに入らなくていいから」という、優しい言葉も感動ポイントです。

あきらのまっすぐな姿に、刺激された店長も、自分の夢に向き合っていこうと動き出します。

お互いが良い刺激を受け、前向きにまた進んでいく姿は、多くの視聴者を勇気づけてくれるのではないでしょうか。

是非原作漫画も合わせて読みたい、青春ラブストーリーです。

そしてあきらがまた活き活きと走り出す姿は、涙せずいられないでしょう。

まとめ

映画「恋は雨上がりのように」をレビュー!原作漫画も合わせて読みたい感動作!と題して、作品の紹介を交えながらレビューしていきました。

「恋は雨上がりのように」というタイトルの通り、透き通った空気が似合う映画です。

最近は心が雨のようで曇りがちな皆さんに、是非おすすめした作品です。

一生懸命さ、切実さを感じられる映画で、あきらの走る姿がかっこいいシーンも登場します。

大泉洋さんのコミカルな演出も素晴らしいので、原作漫画と比べながら是非映画を楽しんでみてくださいね!