エンタメ

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は誰?小林幸子で確定ネタバレ!

Pocket

Amazonプライムビデオ限定で2021年9月3日(金)から配信がスタートした新番組【ザ・マスクド・シンガー】!

12人の挑戦者の中でも、煌びやかな衣装に身を包んだエスカルゴの正体は誰なのか気になりますよね。

そんなエスカルゴの歌声からして予想できるのは大物演歌歌手のようですが、その中でも小林幸子さん確定ではないかという声が広まっています!

そこで今回はマスクドシンガーのエスカルゴの正体は誰?小林幸子で確定ネタバレ!と題してお届けしていきます!

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は誰?

マスクドシンガーで一際豪華で煌びやかなコスチュームに身を包む、エスカルゴ!

その歌声力も力強い歌いっぷりで、特にこぶしが効いていたので大物演歌歌手の可能性が高いと考えられます。

そんなエスカルゴは、マスクドシンガーエピソード1で初戦バードと対決し、見事に勝利を獲得!

この時披露してくれた曲目は、爆発的に世界に広まったアニメ「鬼滅刃」のテーマソングLISAの「紅蓮華」でしたが、力強い歌声が曲にピッタリでしたね!

そしてエピソード3で引き続き登場したエスカルゴは2回戦目に、中島みゆきさんの名曲「糸」を披露しました。

エピソード3に引き続いて勝ち残ったエスカルゴは、エピソード5でアンルイスの「六本木心中」を歌い、紅白のとりのようにステージを盛り上げていきましたね。

そんなエスカルゴの正体は誰なのか、マスクドシンガーで登場したクルービデオ(ヒント映像)からのヒントを今一度確認してみましょう。

マスクドシンガーのエスカルゴの正体がわかるヒント

【エスカルゴの正体がわかるヒント】

  • 田んぼのある場所で育つ
  • 子役からデビュー
  • 過去の栄光を時々思い出す
  • 人生には苦労してきた
  • お酒を飲む
  • 不死鳥のごとくいつでも蘇る
  • かわいいもの好き
  • オムライスが好き
  • 落ち込んだときはお風呂で一人シクシク…
  • 高い場所が好き(登山好き?)
  • 1970年から1990年にかけて激動の人生だった
  • コロッケ
  • オシャレが大好き
  • メロンとブランデー

お米の収穫が盛んな地域で育ったエスカルゴ、ヒント映像ではいつでもお米が登場していました。

そして子役からのデビューで、苦労した時期もあり、特に1970年から1990年にかけて激動の人生だったようです。

そしてエスカルゴは飲兵衛!お酒が大好きなのがわかります。

そんなエスカルゴの正体がわかるヒントから、ネット上の予想ではどんな声が寄せられているのでしょうか。

エスカルゴの正体は誰?ネットの予想は


ネット上では、99%の確率で小林幸子さんではないかという予想がされていました。

またこれはマスクドシンガーでもサービス問題なのでは?という声も!

確かに小林幸子さんなら、マスクを被っていても大物オーラーは隠し切れませんね。

また声も独特で演歌歌手らしさが出ていたので、小林幸子さんの可能性が高いと言えそうです!

マスクドシンガーのエスカルゴの正体パネリストの予想は?

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は誰なのか、スタジオのパネリストの予想ではどんな人物が登場したのでしょうか。

エスカルゴの正体は石川さゆり?

演歌歌手の石川さゆりさんは、熊本県出身で中学3年生で芸能界デビューをしています。

石川さゆりさんは幼少期というより、少女時代にデビューしたと言えそうですね。

熊本県=お米というイメージもないので、エスカルゴのヒントと当てはまる部分がなかったため、可能性は低いようです。

エスカルゴの正体は藤あや子?

演歌歌手の藤あや子さんは、秋田県出身でお米という、エスカルゴのヒントと一致します。

しかしデビューは19歳のため、幼少期からのデビューとは言えないですね。

大の猫好きで知られる藤あや子さんなら、猫というヒントがあってもおかしくないので、エスカルゴの可能性は低そうです。

エスカルゴの正体は君島遼?

小林幸子さんがまさか出演してくれるはずがないと思い、小林幸子さんの、ものまねをする君島遼さんではないかという声もありましたね!

確かに声がそっくりなだけで、小林幸子さん本人ではないというドッキリも考えられそうですが、君島遼さんは大阪府出身でお米ともかかわりがなく、幼少期からデビューはしていないので可能性が低そうです。

ちなみに君島遼さんは、現在「柳本りょう」と改名して活動中です!

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は小林幸子で確定ネタバレ!

マスクドシンガーでエスカルゴの正体は誰なのか、パネリストから多くの演歌歌手やモノマネ芸人など登場しましたが、小林幸子さんの可能性が高いと思われます!

そこでエスカルゴの正体は、小林幸子さんで確定と思わせる理由を紹介していきます。

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は小林幸子で確定?

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は小林幸子さんで確定しました。

強豪相手にラウンド3まで勝ち残ったエスカルゴは、残念ながら9月17日(金)配信のエピソード5で負けてしまったためマスクを外し正体をバラすことになってしまいました。

最終的にエスカルゴの正体は誰なのか、パネリストに聞いたところ満場一致で小林幸子さんではないか、という結果に!

満場一致というパネリストの予想にも驚きでしたが、やっぱりこの歌声は小林幸子さん以外には考えられないですよね。

正体が分かった瞬間に、小林幸子さんというブランドが確立したようにも見えました。

では小林幸子さんとエスカルゴのヒントがどれくらい一致するのか、エスカルゴの生い立ちとヒントを見ていきましょう。

新潟県出身

小林幸子さんは新潟県出身です。

新潟県といえば、「魚沼産コシヒカリ」をすぐ思い浮かべられるほど、お米の収穫が盛んな地域ですよね!

エスカルゴのヒント映像に登場してきた”お米”と繋がります!

幼少期でデビュー

小林幸子さんは1963年の当時9歳の時に、TBS『歌まね読本』の出演でグランドチャンピオンになったきっかけで、審査委員長の古賀政男さんにスカウトを受けます。

その翌年1964年に、小林幸子さんは古賀事務所に所属することになったので、新潟県から家族全員で上京しました。

この時の古賀作曲の『ウソツキ鴎』を歌い”子供なのに凄い歌唱力”と称賛され、20万枚のヒットを記録!

小林幸子さんは華麗なデビューを遂げたんですね~!

エスカルゴの「子供のころからデビューしていた」というヒントと見事一致です。

低迷期が続く

小林幸子さんは、歌手としてデビューし女優としてもデビューしましたが、歌声があまりにも美空ひばりさんのようだと、美空さんの母親から嫌がられ(後に和解)人気がどんどん低迷していきました。

その期間は約15年間!

長い低迷期が小林幸子さんを襲う部分は、エスカルゴの「人気は長く続かなかった、苦労することもあった」というヒントと一致しますね。

不死鳥ごとく復活

小林幸子さんは、改名したり事務所を転々としたり、低迷期の間でも一人で営業しあちこちのキャバレーで歌い廻っていたといいます。

その努力が実って1974年に”第一プロダクション”へ移籍した頃、1979年リリースの「おもいで酒」で有線放送から知名度が広まり、200万枚のヒットを果たします。

このヒットがきっかけで同年の紅白に出場!

この時小林幸子さんは『全日本有線放送大賞』グランプリ、『第21回日本レコード大賞』という輝かしい賞を受賞し見事に不死鳥のごとく復活をしました!

エスカルゴの生い立ちと生い立ちが一致したので、エスカルゴの正体は小林幸子さん確定と言えそうです。

オムライス

オムライスが好きというエスカルゴのヒントに、一致する部分も見られました。

冷蔵庫にあったものでチャチャっとオムライスを作る、小林幸子さん素敵ですね!

高い所が好き

小林幸子さんのパフォーマンスをみると、衣装がド派手で、演出として高い所に登っていくことが多いような気がします!

エスカルゴのヒントで「高い場所」「山のイメージ」という部分に一致するのではないでしょうか。

それにしても小林幸子さんの衣装は、いつ見ても迫力が凄いですね…!

>>ザ・マスクドシンガー配信の全話ネタバレまとめ!【最新話あり】

まとめ

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は誰?小林幸子で確定ネタバレ!と題してお届けしていきました。

マスクドシンガーのエスカルゴの正体は誰なのか調査していったところ、エスカルゴのヒントと小林幸子さんの生い立ちが全て一致、そしてパネリスト陣の予想通り小林幸子さんで確定でした!

小林幸子さんの声は個性があるので、マスクドシンガーの中でもサービス問題だったかもしれませんね。