ドラマ

【ミステリと言う勿れ】渡部豪太が整役じゃない理由は?天然パーマも似てるとの声も

Pocket

漫画家・田村由美先生の大人気シリーズ【ミステリと言う勿れ】は

2022年1月10日に菅田将暉さんを主人公の久能整(くのう・ととのう)に迎え

実写化放送が開始されましたが、菅田将暉さん以外にもっと適役がいるとの声が広まっていますね。

そのなかでも天然パーマも似ているとの声があがっている渡部豪太さんです。

渡部豪太さんといえば、スッキリした印象の顔立ちと特徴的なパーマヘアーですが、【ミステリと言う勿れ】の久能整にそっくりなので、実写化するなら渡部豪太さんでも良かった気がします。

そこで今回は【ミステリと言う勿れ】渡部豪太が整役じゃない理由は?天然パーマも似てるとの声もと題して、ネット上で久能整は菅田将暉さんじゃなくて、渡部豪太さんの理由や、整役として渡部豪太が抜擢されなかった理由も調査していきました。

【ミステリと言う勿れ】渡部豪太が整役じゃない理由は?

累計発行部数900万部を突破した田村由美先生の大人気シリーズ【ミステリと言う勿れ】の主人公である久能整役は菅田将暉さんに決定しましたが、ネット上では菅田将暉さんよりも渡部豪太さんの方が整役っぽいという声があがっていますね。

そんな整役が渡部豪太さんじゃない理由を調査していこうと思いますので、まずは渡部豪太さんと久能整のプロフィールを見ていきましょう。

渡部豪太のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡部豪太 Gota Watabe(@gotawatabe)がシェアした投稿

  • 名前/本名:渡部豪太(わたべ・ごうた)
  • 生年月日: 1986年3月8日
  • 年齢 :35歳(2022年1月時点)
  • 出生地: 茨城県 日立市
  • 身長: 179 cm
  • 配偶者: あり
  • 血液型: AB型
  • 所属事務所:スペースクラフト・エージェンシー

現在俳優として活躍中の渡部豪太さんは、小学校卒業した時に母親に連れていかれ東京でオーディションを受けたことがきっかけで芸能界入り。

最初はモデルから始まり、あまりにも美少年かつ優秀など仕事がどんどん増え地元の茨城から東京へ往復する生活をしていました。

そんな渡部豪太さんはモデルのみならず、徐々に俳優業に幅を広げていった人物です。

スラっとした長い手足が特徴の渡部豪太さんは、俳優業モデルの他にも、日本舞踊やジャズダンスまでできる多才な持ち主で、習い事するのが好きなんだそう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡部豪太 Gota Watabe(@gotawatabe)がシェアした投稿

また英語も得意で、高校卒業と共にワーキングホリデー制度を利用してカナダへ1年間留学をしていました。

留学を終える頃には「カナダのどこで生まれたんだ?」と地元の友人に聞かれるほど、カナダの環境に馴染んでいたようです。

【ミステリと言う勿れ】久能整とは

【ミステリと言う勿れ】の主人公である久能整は、頭脳明晰で優れた洞察力をもつ大学2年生です。

ゆるやかな口調で冷静にたんたんに話しながらも、鋭く相手を見抜き違いを指摘する能力があります。

常に社会の常識に対し疑問を持ち、独自の世界観と価値観を持っています。

また見た目のパーマヘアーがコンプレックスで、こよなくカレーを愛する人物でもあります。

そんな久能整は漫画の中で、ほとんど無口なキャラクターですが、久能整を取り囲む圧倒的に透明感ある空気感がファンを魅了して止まないようです。

【ミステリと言う勿れ】久能整を実写化するなら

そんな【ミステリと言う勿れ】の久能整を実写化するのなら、一番に思い浮かぶ人物といえば渡部豪太さんではないでしょうか。

渡部豪太さんの雰囲気そのものが久能整というキャラクターにぴったりですし、空気感も似ていると思います。

また見た目はもちろんのこと、しゃべり方やセリフのゆるい話し方も久能整っぽい感じがしますね。

【ミステリと言う勿れ】久能整は菅田将暉じゃない

【ミステリと言う勿れ】久能整役は菅田将暉じゃないという声が広まっていますが、ファンは特に何に違いを感じるのでしょうか。

ネット上の声から一番多かった声を調査していったところ、大きく分けて2つのポイントに絞れました。

一つ目はセリフの話し方です。

菅田将暉さんのセリフの話し方は強すぎて攻撃的に聞こえるで、読者がイメージするような久能整のゆるやかで冷静な話し方ではないことが気になるようですね。

そして二つ目に見た目です。

【ミステリと言う勿れ】で久能整はイケメンではない設定なので、菅田将暉さんは目鼻立ちしっかりめでイケメンだから、久能整には見えないという声でした。

他にももっと久能整はタレ目でおっとりしているから、菅田将暉さんじゃないという声もあります。

久能整役が菅田将暉さんになった理由は、他にも視聴率も関係してくるのではないでしょうか。

月9のドラマ作品という事で今一番推したい人気俳優を主人公に持ってくるだけでも視聴率は上がると思われます。

ですが原作ファンにとっては不安な声が絶えないようです。

実際に演技を見てみて久能整らしさが見れないかもしれませんが、菅田将暉さんがオリジナルに演じる久能整の良さもあると思いますので、見てみる価値はあると思います。

【ミステリと言う勿れ】渡部豪太の天然パーマも似てるとの声も

【ミステリと言う勿れ】の主人公、久能整役は渡部豪太さんっぽさが漂います。

特に見た目の雰囲気もそうですし、口調も似ているように感じますね!

また一番の特徴として渡部豪太さんのトレードマークとなっているパーマヘアーがナチュラルで似ているという声も広まっています。

【ミステリと言う勿れ】渡部豪太と久能整の天然パーマが似ている!

渡部豪太さんの特徴といえばふわふわの天然パーマヘアーですよね。

見た目は【ミステリと言う勿れ】の久能整と完全一致していると思います。

また髪型以外にも輪郭や骨格も似ていると思いませんか?

ネット上では”鋭さのない眼差し”と”ゆるやかな口調”が久能整のイメージ通りという声もあります。

また渡部豪太さんの天然パーマは、ナチュラル感があって久能整っぽさがあるという声もありました。

そんな渡部豪太さんがパーマヘアーになったのは2006年の20歳頃からで、それまで幼少期のときは丸刈り坊主だったようです。

学生の頃は天然パーマが原因で規則違反とされることもあったようなので、怒られそうになったら学生証を見せて「これは天然パーマであること」を証明していたそう。

天然パーマの人も色々と大変なんですよね…!

にしても見ればみるほど、渡部豪太さんは久能整にそっくりで驚きです。

まとめ

【ミステリと言う勿れ】渡部豪太が整役じゃない理由は?天然パーマも似てるとの声もと題してお届けしていきました。

【ミステリと言う勿れ】の主人公久能整役は渡部豪太さんのイメージという声が調査していくと非常に多かったです。

そんな渡部豪太さんが整役じゃない理由は、今期注目されている俳優ではないためと考えられます。

それに比べ菅田将暉さんは今注目の俳優でもあるので、人気俳優を出して視聴率をあげる戦略が考えられますね。

ですが渡部豪太さんは間違いなく整役にぴったりな俳優ではあるので、漫画では渡部豪太さんのイメージで読み続けて、ドラマでは菅田将暉さん演じる全く新しい整の演技を見て楽しむのもいいかと思います。