エンタメ

難波実夢の出身高校や大学どこ?経歴プロフィールと戦績まとめ!

Pocket

今回は難波実夢の出身高校や大学どこ?経歴プロフィールと戦績まとめ!と題してお届けしていきます。

2020年東京オリンピックの日本代表競泳選手の難波実夢さんは。2020年12月6日の日本選手権で優勝したことでも有名ですね!

まだ若くこれからの飛躍が楽しみな難波実夢さんの、出身高校や大学はどこなのか、経歴プロフィールと共に戦績もまとめていきました。

難波実夢の出身高校や大学どこ?

日本代表の競泳選手である難波実夢は、2020東京オリンピック競泳女子400m自由形で3組の8位を記録しました。

そんな難波実夢さんは高校時代、日本選手権で優勝した経験もあります。

気になる難波実夢さんの出身高校や大学を調査していこうと思います!

難波実夢のプロフィール

  • 名前:難波実夢(なんば・みゆ)
  • 生年月日:2002年5月31日
  • 出身地:奈良県奈良市
  • 身長:168㎝
  • 出身高校:天理高校(2021年3月まで在校)

2021年7月現在19歳という若さで、奈良県からオリンピック日本代表選手として輩出された難波実夢さん。

とにかく下半身のキックが強く、スタートダッシュが凄いと定評があります。

またレースの中盤からロングスパートで他選手を追い上げるのが得意で、茅原直人コーチからはオールラウンドスイマーだとも言われていますね。

そんな難波選手の経歴で、出身高校や大学を詳しく見ていきましょう。

難波実夢の出身高校は?

難波実夢さんの出身高校は奈良県に位置する『天理高校』です。

天理高校は奈良県の中でも名門私立校として知られている高校で、スポーツに力を注いでいます。

難波選手は高校時代水泳部に所属し、在学中には日本選手権の1500m自由形に出場して高校新記録で優勝した経験もあります。

その時の記録は1500m<16分13秒80>でした。

日本高校新記録でメダルを獲得した難波選手は、この記録でかなりの自信もついたと思われますね。

天理高校の位置情報

住所:〒632-0032 奈良県天理市杣之内町1260

難波実夢の出身大学は?

難波実夢さんは出身地の奈良県から少し離れた、東大阪市に位置する『近畿大学』出身です。

現在19歳ということで、まだ在学中です。

大学では経営学部1年生として、水上競技部に所属し日々練習に力を入れています。

そんな難波選手は在学中に東京五輪代表選手の内定をもらい、近畿大学の学生たちは難波選手の活躍を誇りに思っているようですね!

これから7月29日には女子800m自由形が開催されるので、楽しく頑張れるように応援し続けたいものです。

ちなみに近畿大学は、アーチェリーで3位(銅メダル)を獲得した古川選手の出身校でもあり、他にも飛込、アーティスティックスイミング、空手の日本代表選手として在学生8名、卒業生6名あわせて14名が出場しています。

多くのオリンピック選手を輩出する大学として有名なんですね!

近畿大学の位置情報

住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3丁目4−1

難波実夢の経歴プロフィールと戦績まとめ!

難波実夢さんの経歴プロフィールで、いつから水泳を始めたのか、戦績と共にまとめていきます。

これまで難波選手はどんな活躍をしていったのか見ていきましょう!

難波実夢の経歴プロフィール

難波実夢さんが水泳と出会ったのは1歳の時、母親がスイミングスクールに連れて行ったのが最初だったそうですね。

このときに行ったスイミングスクールはMGニッシン(ニッシンスイミングスクールマコト)です。

MGニッシンは、目的別に7つのクラスが設けられているので、難波実夢さんは1歳からベビースイミングクラスに所属して水泳を楽しんでいたそうです。

MGニッシンのヘッドコーチは「茅原直人さん」。

2021年現在で日本水泳連盟・OWS(オープンウォータースイミング)の強化スタッフも務める人物なので、本格的に水泳を学べる場所でもありました。

そんな難波実夢さんは、1歳からの水泳の才能を開花させていったのだとわかりますね。

中学になると水泳部に所属し、2017年8月開催の全国中学大会200m/400m自由形で共に優勝を記録。

また天理高校在学中には、400m自由形・800m自由形・1500m自由形で日本高校記録を保持し、世界から注目される選手へと飛躍していきました。

難波実夢の戦績まとめ

難波実夢選手の戦績と、優勝歴をまとめていきました。

※高校在学中の記録です。

■2021年日本選手権

  • 400m自由形 2位<4分06秒36>
  • 800m自由形 優勝<8分26秒61>

■2018年4月/ 日本選手権

  • 400m自由形 5位<4分14秒21>

■2019年4月/日本選手権

  • 400m自由形 優勝<4分09秒39>
  • 800m自由形 優勝<8分30秒62>
  • 1500m自由形 3位<16分18秒82>

■2020年12月/日本選手権

  • 400m自由形 3位<4分10秒22>
  • 1500m自由形 優勝<16分13秒80>

■2018年9月 ジャパンオープン

  • 400m自由形 2位<4分11秒42分>
  • 少年B/4×100mフリーリレー 8位<3分53秒83>

■2019年9月 ジャパンオープン

  • 400m自由形 優勝<4分09秒23>
  • 少年A/4×100mフリーリレー 7位<3分51秒95>

■2018年8月 ジュニアパンパシフィック

  •  200m自由形 6位<2分02秒31>
  • 400m自由形 6位<4分14秒48>
  • 4×200mフリーリレー 3位<8分09秒03>

■2019月8月 世界ジュニア選手権

  • 400m自由形 8位<4分15秒77>
  • 800m自由形 2位<8分27秒24>

難波実夢さんは日本選手権で何度も優勝を飾っていますね!

2020東京オリンピックの活躍もとても楽しみな選手です。

まとめ

難波実夢の出身高校や大学どこ?経歴プロフィールと戦績まとめ!と題してお届けしていきました。

出身高校:天理高校

出身大学:近畿大学・経営学部

経歴プロフィールや戦績をまとめていきましたが、日本選手権で多く優勝してきたことがわかりました。

また高校在学中で輝かしい功績も収めてきたのだとわかりますね。

今後の活躍も期待される難波選手、引き続き応援していきたいですね!