エンタメ

ワンピースRED海外で炎上理由なぜ?海外の反応や評判まとめ!

Pocket

国内外で評価が高いワンピースですが、今回ワンピースの劇場版最新作【ワンピース FILM RED(フィルムレッド)】に関して”今までと違う!”と、海外で炎上しているようです。

ワンピースREDは2022年8月6日に公開されてから、20日間で員数720万人そして興行収入100億円突破し、日本国内では非常に人気があり高評価を得ています。

そんなワンピースREDは海外でも反応や評価が良いはず!と思いきや、逆に炎上しているので、今回はなぜ海外で炎上をしているのか炎上理由を、ワンピースRED海外で炎上理由なぜ?海外の反応や評判まとめ!と題してお届けしていきます。

ワンピースRED海外で炎上理由なぜ?

国内の映画評価サイトでは星5つ中、3.8点を記録するなど、高評価で評判がいいワンピースRED【ワンピース FILM RED】ですが、一部では逆に炎上をしているようです。

特に海外では炎上している様子をみていますが、今回は海外で炎上する理由はなぜなのか調査していきました。

ワンピースRED海外で炎上理由はなぜか徹底調査!

興行収入100億円突破で更に盛り上がりを見せているワンピースRED。

国内のみならず海外のSNSでも100億円突破を祝福する声が多く寄せられています。

そんな人気の絶頂であるワンピースREDですが、中には批判的な意見で炎上している様子も見られます。

これだけ知名度が高いアニメ漫画なので、多少の炎上は仕方ないのかもしれません。

では炎上理由にはどういったものがあるのか見ていきましょう。

ワンピースRED炎上理由①ミュージカル要素が多い

これまで上映されてきたワンピースの映画といえば、アクションシーンを楽しみに見る人が多かったと思いますが、今回公開された劇場版最新作ワンピースフィルムレッドはとにかく歌と音楽を推して【ミュージカル要素】多々見られると感じられます。

ミュージカル要素を出している原因はワンピースREDの新キャラ、そして主人公である「ウタ」の存在です。

ウタはシャンクスの娘で、ライブを行う歌手としてとして登場するするキャラクターです。

ワンピースREDで登場するウタの楽曲はバラード系からハード系の楽曲まで全部で7曲!

ミュージカル映画は通常10曲以上なので、それほど楽曲が多くないはずですが、今までのワンピース映画と比べるとかなり歌が多いと感じられます。

ですので「アクションシーンや内容を楽しみに来たのに、歌ばかりでワンピース映画じゃないみたい」となってしまうのが炎上理由の一つのようです。

ワンピースRED炎上理由②知名度の高いアーティスト起用で客寄せ⁉

ワンピースREDには、主人公であるウタの歌唱にZ世代から支持を得ているAdoさんが担当しています。

また挿入歌にはperfumeをプロデュースした中田ヤスタカさん、そしてMrs. GREEN APPLEVaundyさん、FAKE TYPE.澤野弘之さん、折坂悠太さん、秦 基博さんといった知名度が高く豪華なアーティスト陣が集結しています。

これだけのアーティストが集結したのは、ウタを中心に映画が展開されることを示しているとわかりますね。

豪華なアーティスト陣が揃えば、客寄せにもなりますし「見たい!」となるのは普通でしょう。

ですがこの客寄せ感が気に入らないという声もあります。

近頃声優にプロではなく俳優や女優にしたりすることも多くありますが、そのようなことを同じようにも感じますね。

ワンピースRED炎上理由③ウタの声優と歌の声が違うこと

ワンピースRED炎上理由は、ウタの声優が歌う時と話す時で声が違うことです。

ウタの声優は名塚佳織さんが担当していますが、歌唱するシーンだけAdoさん起用しているためウタというキャラクターは「Wキャスト」で演じられます。

声優の名塚佳織さんは1999年から声優をやられているベテランさんですが、そこで歌唱時にAdoさんに変わることに違和感を覚える人が多いようです。

”歌唱も声優も一人でやるべき”という考えなのかもしれませんが、Wキャストにすることで歌を楽しんでもらいたいと思ったのかもしれません。

ワンピースRED炎上理由④ウタのイメージとAdoの声が合わない

ワンピースRED炎上理由は、ウタのキャラクターイメージとAdoさんの歌唱が合わないということです。

Adoさんは「うっせぇわ」で一躍有名になったアーティストですが、力強い歌唱とリズミカルで早口なテンポがクセになる個性派アーティストですよね。

ワンピースのウタは見た目からしてとっても可愛らしいのですが、歌声が大人っぽいAdoさんとは合わないような気がするという声が寄せられています。

確かに少し相違している部分があるように見られるかもしれませんが、Adoさんが歌うウタのステージは圧巻で見どころは満載です。

ワンピースRED炎上理由⑤回想シーンが多すぎる

ワンピースRED炎上理由は回想シーンが多すぎることです。

ワンピース映画の醍醐味であるアクションシーンを楽しもうとしたところ、途中で回想シーンが入るので萎えてしまうという声が寄せられています。

今回公開された映画のテーマは「家族」ですので、ルフィやウタ、そしてシャンクスを含めた過去が描かれていくので、より深くワンピースの世界を楽しめるようになっています。

キャラクター達に感情移入するためにも、回想シーンは必要不可欠なのですが、見どころのアクションシーンの途中で入るとちょっと驚いてしまいますね。

ワンピースRED炎上理由⑥ウタの無理くりなキャラクター設定

ワンピースREDの炎上理由はウタの無理くりなキャラクター設定です。

ウタはルフィの幼馴染、そしてシャンクスの娘として映画に登場するのですが、いきなりすぎる登場で”後付け感がある”という声や、”映画に出演しているのに漫画に出ないのはおかしい”という声が寄せられています。

元々ウタという存在が漫画でも描かれていたら、読者や視聴者とウタの間に違和感はなかったのかもしれません。

突然登場してきて無理くりなキャラクター設定がされた分「この子何?」となるのは普通なのかもしれません。

サプライズ的な登場をしたウタが視聴者にとって、どんな存在になるか気になるところです。

ワンピースRED海外の反応や評判まとめ!

ワンピースRED海外の反応や評判をまとめていきました。

ワンピースRED海外の反応や評判をまとめ調査!

(画像引用元:https://www.rottentomatoes.com/m/one_piece_film_red)

現在ワンピースREDはまだ日本公開中なので、まだ海外やアメリカでの公開はされていませんので、評価が0ゼロになっています。

ロッテントマト(rotten tomatoes)は、アメリカ合衆国の映画評論サイトです。最新映画から名作映画まで多くの人が評判を投稿し、トマトのフレッシュ具合で映画の評価が決められます。

※海外での評価は分かり次第随時追記していく予定です。

海外での反応や評判が期待が寄せられますが、日本に住んでいる外国人の方々は早速SNS上に反応や評判を投稿していたので早速見ていきましょう。

ワンピースRED外国人SNSの反応は

”100億円突破を記念して描いたわ!”

ワンピースREDの興行収入100億円突破を喜ぶ人の声が寄せられています。

日本国内に住む外国人の評判は上々で特に、シャンクスとルフィ、そして新しく加わったルフィの幼馴染設定のウタが評判を呼んでいるようです。

”映画で明かされた過去で更にワンピースを深く知ることができた”

”歌のおかげで全身がしびれるようで最高だった!去年からワンピースを見始めた”

”今日ワンピースフィルレッドを見たけど、本当に歌が大好き!”

外国人の反応では、映画の内容ももちろん、ウタが歌い楽曲やミュージカル要素をとても楽しんでいる様子が見られました!

一部ではAdoさんが歌う歌とワンピースの世界観があっているのか合っていないのか…という声もありますが、全体的には映画に満足しているようです。

まとめ

ワンピースRED海外で炎上理由なぜ?海外の反応や評判まとめ!と題してお届けしていきました。

ワンピースRED海外で炎上理由は、今までのワンピースと違うと思わせるミュージカル要素が原因だったようです。

また回想シーンが多く、ワンピース映画の醍醐味であるアクションシーンが堪能できないことも理由の一つです。

海外での反応は具体的に今後投稿されると思いますが、日本に住む外国人の声を聞くと多くの人はミュージカル要素を楽しみ、歌や音楽が最高だった!という声がほとんどでした。

ワンピースREDは以前からワンピースファンの人からすれば雰囲気が全然違う作品に仕上がっていますが、全く新しい視点からワンピースを楽しむのも良いのではないでしょうか。