エンタメ

鬼タイジ2022SnowManやらせの理由なぜ?台本や証拠があるのか調査!

Pocket

2022年8月31日(水)放送の鬼タイジでSnowmanメンバーが初参戦しますが、やらせではないかという声もあります。

Snowmanメンバーが出演したことで、鬼のレベルが違ってたり、CGを上手く使っているようにも見えるようです。

またSnowmanは鬼タイジに参戦するにあたり台本や証拠があったりするのでしょうか。

そこで今回は鬼タイジ2022SnowManやらせの理由なぜ?台本や証拠があるのか調査!と題してお届けしていきます。

鬼タイジ2022SnowManやらせの理由なぜ?

鬼タイジ2022Snowmanはやらせと言われる理由を調査していきます。

鬼タイジ2022Snowmanやらせの理由とは?

毎度のこと番組のクオリティが非常に高い鬼タイジ。

今回は『THE鬼タイジ〜箱根 夏の陣〜』と題して箱根を舞台に、総勢16人で鬼に立ち向かうというストーリーが組まれています。

そんな鬼タイジの予告編を見た所、まるで映画のようなクオリティに視聴者も驚いている様子を見せていますね。

映画のようなクオリティを作るなら、ある程度編集の時間や役作りも必要だと思います。

鬼タイジの良さといえば、現地にてリアルなサバイバルショーを繰り広げることですが、本当にやらせなのでしょうか…。

そんな鬼タイジがやらせと言われる理由を以下の順番で徹底調査していきます。

  1. 鬼が芸能人によって手加減している
  2. プレイヤーの倒した鬼の倒れ方が違う
  3. 弾をCG処理しているようにみえる
  4. リアルタイム撮影ではない可能性がある
  5. カメラマンの存在が鬼にバレる

鬼タイジやらせの理由①鬼が芸能人によって手加減している

鬼タイジが”やらせ”と言われる理由は、芸能人によって鬼が手加減しているように見えるのが原因だと予想されます。

以前の鬼タイジでは乃木坂46与田祐希さんの優勝したという結果が出ましたが、弱い女性で逃げ切るのも必死なのに優勝するはずがないと”やらせ”疑惑がネット上で広まりました。

またラスボス鬼の戦いまで残らせたい芸能人などは、鬼が手加減してシューティングしやすいようにしているという声もあります。

鬼タイジのプレイヤーと鬼が両者とも本気で戦い、最後まで勝ち残るのが面白いのですが、芸能人によって手加減するのは番組を持たせるためでもあるのではないでしょうか。

鬼タイジやらせの理由②プレイヤーの倒した鬼の倒れ方が違う

鬼タイジがやらせの理由は、プレイヤーが倒した鬼と、番組に映し出され倒れた鬼と相違があるためだと思われます。

以前SixTONESメンバーのジェシーさんが鬼タイジに出演した時、ジェシーさんが倒した鬼が最初は後ろに倒れたのに、VTRの放送では前に倒れていました。

鬼タイジのルールは、倒された鬼は人間に戻るのですが、VTRと実際に倒した鬼が違うということで不自然に見えたのだと思います。

現場でのリアルタイム放送なのに、倒れた鬼が違うとなるとやらせの可能性が考えられますよね。

鬼タイジやらせの理由③弾をCG処理しているようにみえる

鬼タイジがやらせと言われる理由は、弾がCG処理しているように見えることです。

CGで処理することでまるで映画を見ているようになり、映像の効果としてはいいともいますが、編集されているということで”やらせ”の可能性が増しますね。

確かに弾の映像を見ると想像以上にCGでした。

これは編集しないとできない映像ですよね。

鬼タイジやらせの理由④リアルタイム撮影ではない可能性がある

鬼タイジのやらせの理由は、鬼タイジの番組内容にシナリオや台本があり、リアルタイムでの撮影じゃない可能性があるからだと思います。

実際に芸能人やアスリートたちがクランクインするのは放送より大分前なので、台本通りに鬼が動き、生き残るメンバーも設定されている可能性がありますね。

鬼タイジやらせの理由⑤カメラマンの存在が鬼にバレる

鬼タイジがやらせの理由は、カメラマンがいることで鬼に存在がバレてしまうことではないでしょうか。

鬼タイジは、鬼を倒すためにもプレイヤーが鬼を見つけに行かなければならないのですが、カメラマンが常にプレイヤーの傍を離れないため、鬼にすぐプレイヤーが見つかり存在がバレてしまいます。

もし鬼がカメラマンの存在に気付いているのに、プレイヤーに近づかなかったら”やらせ”感が増しますね。

鬼タイジ2022Snowmanの台本や証拠があるのか調査!

鬼タイジ2022Snowmanの演技もやらせなのか、台本などの証拠はあるのか調査していきました。

鬼タイジ2022Snowmanの演技もやらせの可能性?

2022年8月31日(水)に放送される鬼タイジでSnowmanメンバーは初参戦します。

そんな鬼タイジの撮影は5月31日付だったということが見つかりました。

鬼タイジの番組内容を編集するためにスタッフは3ヵ月の期間をかけていたことがわかります。

まるで映画のような編集期間の中で、文字入れやCGを編集していたのだと思いますが、実際に台本があるかどうかは詳しくわかりません。

ですが、これだけ編集期間が設けなれているのであれば、ある程度台本があってもおかしくなさそうです。

鬼タイジは基本的に2時間や3時間も放送枠がある番組なので、番組内容を充実するためにも芸能人が倒す鬼の数やシチュエーションが決められている可能性があります。

もし何も決まっていない状態で台本もなければ、参戦したSnowmanメンバー達もどう動けばいいかわからないはずです。

また鬼かプレイヤーどちらかが強すぎて相手側が負ければあっと間に番組が終わって、番組が3時間も持ちませんよね。

ですので、やらせと言うよりも鬼タイジという番組の演出を楽しんで見れば問題ないのかと思います。

まとめ

鬼タイジ2022SnowManやらせの理由なぜ?台本や証拠があるのか調査!と題してお届けしていきました。

鬼タイジ2022Snowmanがやらせの理由を調査していきましたが、番組が編集されある程度台本があるのではないかと予想していきました。

視聴者を楽しませるためにも生き残るメンバーが決定されているのかもしれません。

”やらせ”と考えると番組がつまらなくなるので、演出だと考えて番組を視聴すると、より鬼タイジの世界を楽しめるかと思います。