映画

力の指輪の炎上理由なぜ?海外の反応や評判を一緒に紹介!

Pocket

【Amazon Prime Video】で『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』は、2022年9月2日から全240カ国にも及ぶ国で配信され、配信初日は2,500万人のも人が視聴したと話題になっていますね!

トールキン物語でも原点であるロードオブザリングシリーズ力の指輪は、ファンにとって待望の映像化なので、期待をもって視聴した人も多いでしょう。

ですがそんな力の指輪を見て、SNS上では国内外で炎上している様子が伺えました。

Amazonが映像化権をとり、巨額な製作費用を費やして作った指輪物語の原点を描く”力の指輪”は、なぜ炎上したのか、炎上理由や海外の反応が気になりますね。

そこで今回は力の指輪の炎上理由なぜ?海外の反応や評判を一緒に紹介!と題してお届けしていきます。

力の指輪の炎上理由なぜ?

Amazonプライムビデオ史上、初日配信での視聴率最高記録をたたき出したロードオブザリングの力の指輪。

視聴者が多いほど様々な意見がSNS上で交わされますが、面白かったという意見より議論をするように炎上している様子が伺えました。

なぜ力の指輪は炎上してしまったのか、気になる炎上理由を調査していこうと思います。

力の指輪の炎上理由はなぜなのか調査!

トールキンが生み出したとされる西洋ファンタジー、その中でも指輪物語は世界中から人気があり、ピーター・ジャクソン監督の映画「ロード・オブ・ザ・リング」三部作も記憶に新しく残っている人も多いでしょう。

今回2022年9月2日をもってAmazon Prime Videoにて独占配信された力の指輪は、ロードオブザリングの指輪物語で指輪が鋳造された経緯や【ヌーメノール】エルフと人間が同名しての最後の戦いが描かれています。

そんなAmazonで配信された力の指輪は、トールキンの指輪物語をドラマ化すると2017年から発表されていたのですが、キャストが発表された2020年12月で多くの反響を呼ぶことになります。

それが有色人種である【黒人俳優や女優】を多くキャスティングしていることに対しての炎上です。

これだけ聞くと、現代の流れに沿って様々な人種を起用しようとする動きは決して悪くはないと思いますが、一部原作ファンからは原作に忠実でない声や、なぜ有色人種をエルフ役にしたのか炎上している様子で、指輪物語に対し”世界観が壊れてしまう”といった声が挙がっているようです。

炎上元にもなっているキャストの中でも、一番注目されたのが上記の画像にある「ドワーフ」プリンセス・ディサ役のイギリス出身の女優ソフィア・ノムヴェテさん。

また原作にない”オリジナルキャラクター”としてアロンディル役でプエルトリコ出身の褐色人種であるイスマエル・クルス・コルドバさん、サドック・バローズ役のイギリス出身の黒人であるサー・レニー・ヘンリーさんです。

以上のキャスティングから力の指輪は、有色人種キャストに対する原作ファンの意見に対し、「人種差別だ」と意見する人が現れたり、色々な方向で炎上しているようです。

では、実際に指輪物語に登場するエルフは原作で「黒人はいない」のかと言うと、真実はそうではないようなのです。

  • 指輪物語の原作で肌が白いと言われたのは一部高地位氏族のエルフに限った
  • 『力の指輪』は現在の版権保有者であるトールキン財団公認作品
  • アニメ版『ホビットの冒険』に褐色肌のエルフが登場した前例がある

ですので、有色人種のキャストが絶対ダメで、有色人種は指輪物語に登場してはいけない訳ではないのです。

また今回の力の指輪に関しては、黒人エルフを演じるのはオリジナルキャストで、現実に沿いながらもオリジナル要素も入っているドラマになっています。

ですので、オリジナルを含めた指輪物語と考えるか、原作に忠実な指輪物語と考えるのか、見方によっても考え方は全く異なってくるのではないでしょうか。

ではここからSNS上で議論されている問題について順番に見ていきましょう。

力の指輪の炎上理由①肌の色で人種差別問題

SNSの声で力の指輪は、人種差別問題に対しての議論が特に目立ったような気がしました。

確かに元々黒人キャラクターである登場人物を、いきなり白人にしたら違和感があるのかもしれません。

ですが、今回黒人で登場しているキャラクターは完全オリジナルキャラクターなので、原作には関係ない分あまり気にしなくても良いのかもしれない、と考える人も多いようです。

力の指輪の炎上理由②ポリコレ感がすごい

力の指輪をSNS上で見ると「ポリコレ」というワードが良く出ています。

ポリコレとは、ポリティカル・コレクトネス(Political Correctness)の略称で、人種、信条、性別の違いに対する偏見や差別を含まない中立的な表現を用いる事、また社会に居る特定のメンバーに対し不快感や不利益を与えない事です。

簡単に言うと、どんな人種も平等に楽しく見れるようにするということですね。

世界中に様々な人種や肌の色をもった人がいる限り、これは難しい問題なのだと思います。

今の時代に相応しい作品作りをするのは、原作の世界観を壊してしまうのでしょうか。

力の指輪の炎上理由③原作の意図に沿っていない

今回Amazonで配信された力の指輪は、原作にはないオリジナルキャラクターも登場している、オリジナリティ溢れる指輪物語になっています。

ですので原作に忠実ではないという声も多く寄せられていました。

原作ファンにとっては、原作に忠実でなければ面白くないと考える人も多いのでしょう。

力の指輪海外の反応や評判を一緒に紹介!

力の指輪は国内でも炎上しつつありますが、海外ではキャスティング決定後の2020年から炎上の声が絶えない状況になっています。

そんな力の指輪の海外の反応や評判を紹介していきます。

力の指輪海外の反応や評判は?

Amazonオリジナルドラマとして配信されている力の指輪に対し、海外では有色人種キャスティングに関する反響のせいか、アメリカでの映像作品総合評論サイト「Rotten Tomatoes」の一般評論で、低いスコアで意見する人が多々見られました。

ですが、トールキンファンの中には、指輪物語では”肌の色に対し言及していない”ので、このことに対し炎上するのはおかしいと反論する意見も見られます。

では、具体的に海外でどんな議論をされているのか、見ていきましょう。

力の指輪海外の反応や評判を紹介

Boring and Pathetic. Much worse than I thought it was going to be.

”非常につまらないし、思ったよりもひどい仕上がりだった”

Um início de trama perfeito. Uma história que honra o passado enquanto constrói uma trama que cativa e nos prende a novas histórias.

”完璧な出だし!新しい筋書きでありながら魅力的で、原作を尊重するようなストーリーが良い。”

Wait all year for this, and in The first chapters I’m very disapointed, Tolkien created a unique universe, Amazon destro y it!

”長年楽しみにしていたのにエピソード1を見て失望した。トールキンが作った素晴らしい世界をAmazonが壊した”

I thought it was great. There are many story lines that don’t merge yet, but I’m hoping that is resolved as more episodes play. Some parts are incredulous, but it’s television and we don’t trust live in Middle Earth. I say, give it time. As I said, I thought it was great.

”私は素晴らしいと思った。まだストーリーがまとまってはいないけれど、物語が進むほどに良くなっていることを願いたい。”

The only thing going for it so far are the visuals. Why couldn’t they have been true to the books? Or at least tried.

”唯一納得できないのはビジュアル。何で原作に忠実じゃないの?”

This should be launched as original IP, characters not as Middle-earth world. Dark skin elf without reason? How come Beardless could be a queen of dwarves? can’t see respect for Middle-earth loved over decades from here.

”これは4つの国の世界観ではないし、オリジナル作品として配信されるべき。理由もなく浅黒いエルフや、Beardless はドワーフの王女役になっているのはなぜ?この作品から原作への敬意が感じられない。”

海外での反応や評判は、賛否両論という感じで、オリジナリティあって面白いと感じる人や、やっぱり原作に忠実でないところが気になる人、またエルフやドワーフ役に有色人種を起用したことに納得いかない人まで様々でした。

力の指輪は1シーズン8話で、全5シーズン50話で構成されますが、以上の反応を見ると、どの程度までファンが付くか雲行きが怪しそうにも見えますね。

まとめ

力の指輪の炎上理由なぜ?海外の反応や評判を一緒に紹介!と題してお届けしていきました。

力の指輪が国内や海外で炎上した理由は、白人イメージのあるエルフやドワーフを有色人種キャスティングしたことや、オリジナリティ含めた作品に仕上がっていることが原因のようでした。

原作ファンにとっては、びっくりする展開かもしれませんが、全く新しい指輪物語を楽しむ分にはいい作品なのかもしれません。