映画

力の指輪4話あらすじネタバレ感想!アダルの正体はサウロンなのか?

Pocket

力の指輪が始まって第3話に登場したアダルという謎の男。

アダルは力の指輪の中でオリジナルキャラクターのため、正体がわかならくミステリアスな男として注目を浴びていますね。

また、アダルの正体は冥王サウロンなのではないかとも言われています。

引き続き力の指輪4話では、アダルの正体がいよいよ明かされそうな予感なので、アダルの正体や4話のあらすじネタバレを調査していこうと思いますので、今回は力の指輪4話あらすじネタバレ感想!アダルの正体はサウロンなのか?と題してお届けしていきます。

力の指輪4話あらすじネタバレ感想!

3話の後半には謎の男アダルが登場し、4話で新たなストーリー展開がされると予想されます。

では、前回のあらすじも踏まえ4話のあらすじを見ていきましょう。

力の指輪4話あらすじと前回までのおさらい

ガラドリエルは、ヌーメノールで囚われの身となっていましたが、昔エルフと共に戦ったことがある、エレンディル(ヌーメノールの領国アンドゥーニエの最後の領主であるアマンディルの息子)と出会いを果たします。

※エレンディルはアラゴルンの先祖です。

力の指輪4話あらすじ前回までのおさらい①闇の勢力

エレンディルは闇の勢力について記述されている古書から、南方の国がサウロンの標的になっていることを発見し、それを阻止するためにもガラドリエルと共に南方の国へ旅立つ準備をします。

闇の勢力に打ち勝つためにも”今すぐに行動しなければいけない”ことをガラドリエルは、エミリエール女王に説得すると思います。

力の指輪4話あらすじ前回までのおさらい②サウロンの召使が南方の国に現る

一方南方の国では、サウロンの召使が現れ、闇の勢力を高めサウロンを冥王として目覚めさせる準備が始まります。

サウロンは”サウロン”という名前だけではなく、姿や身を隠すためにも様々な名前を用いて相手を惑わせます。

4話の予告ではサウロンと思わしき人物が登場したとも言われていますので、いよいよサウロンの姿が見れるのか緊張が高まります。

そんなサウロンらしき人物は、モルゴスに仕えていたバルログを復活させようとしますね。

力の指輪4話あらすじ前回までのおさらい③よそびととヌーメノール

隕石と共に落下してきたよそびとは、ノーリと家族の移住を手助けし、ハーフット族と信頼関係が生れます。

そんなよそびとは何か目的があって現れた様子でした。

よそびとの目的はある「星」ですが、ハーフット族の長老は「星の形をした島=ヌーメノール」と関係があるのかもしれないと考えます。

力の指輪4話ネタバレ感想

力の指輪4話ではエルフのガラドリエルと女王ミーリエルの関係が発展していきました。

この2人、最初はお互い「嫌っていますよ」というのが丸出しで、ガラドリエルはどこか喧嘩腰でしたね。

最初は同盟を申し入れて断わった女王ミーリエルだったのですが…。

エルフのガラドリエルは同盟を申し込むなら「女王の父親である王に会いたい」と言ったせいか暴言と捉えられ、牢獄に閉じ込められてしまいます。

にしてもエルフ…ヌーメノール人にどんだけ嫌われているのでしょうか。

一方ヌーメノールの王は病に倒れ寝たきり状態だったのを、ガラドリエルが牢獄から抜け出したことで見つけるんです。

そこには王女もいたのですが、エルフと手を組まないことが危機を回避する方法だと思っていたので結局同盟を結ぶことはできないままでした。

ですが、最終的に考えが変わった女王ミーリエルは、エルフであるガラドリエルに歩み寄り共に南方国にいる人間たちを救うことを決意したんですよね。

ここで女王はエルフと共に戦うことを民衆に宣言し、一緒に戦う民衆たちと遠征軍を力合わせることになったのです。

南方国のテオと闇の勢力

一方南方国にいるテオたちは、物見の塔に避難した人でひしめき合う場所で食糧危機に陥っていました。

どうしようもないので食料を買いに出かけるテオローワン

途中食料調達のため納屋に足を踏み入れたテオは、落ちていた米を集めますが、外で見張りするローワンは突然不穏な空気に包まれビビって、テオを置いて行ってしまいます。

そこでテオは闇の勢力に遭遇、危機一髪というところで井戸に逃れるのでした。

テオは納屋である物を見つけていました、刻印された剣です。

それに触れたせいで腕には刻印がついているのを、他の人に見られていました。

その人は「いつかのために力を蓄えとけ」と言います。

一方闇の勢力は、テオを見つけた様子で、テオのいる物見の塔を攻めにくるようです。

テオは剣のことを知っているせいで闇の勢力に追われる羽目になるのかもしれませんね。

力の指輪4話ネタバレでアダルの正体はサウロンなのか?

力の指輪4話ネタバレでサウロンは謎の男アダルだったのか調査していきました。

力の指輪4話ネタバレでサウロンはアダル?アダルの正体は

堕落した黒いオーラを纏う謎の男アダルは、エルフの中で軍事司令をする人物ですが、過去が全く明かされていなくミステリアスな存在です。

そんなアダルがサウロンの働きや影響を受けて、堕落した過去があったりするのか、またやアダル自身サウロンと何か関りがあるのかもしれないと言われています。

力の指輪3話の後半から登場したアダル、4話ではどんな活躍を見せるのか楽しみです。

力の指輪アダルの正体はオーク?(ネタバレ)

力の指輪でアダルは正体不明なため、サウロンではないかと疑われていましたが、4話でアダルの正体がオークの長であることがわかりました。

そんなアダルは顔も整っていて高貴な雰囲気なので、小汚いオークのイメージとかけ離れているんですよね。

力の指輪4話で、なかなか美しいオークのアダルが登場したところですが、アロンディルの情報ではオークが攻め込んでくる可能性が高まっているので、アダルは今後頻繁に登場し活躍するのではないかと思います。

まとめ

力の指輪4話あらすじネタバレ感想!アダルの正体はサウロンなのか?と題してお届けしていきました。

力の指輪4話あらすじネタバレ感想とアダルの正体は何者でサウロンだったのか、また2022年9月16日(金)の4話配信後に追記していく予定です。