ドラマ

【最愛】加瀬が弁護士になった理由なぜ?生い立ちや過去を徹底調査

Pocket

今期最も人気で注目されているドラマ【最愛】の中で、吉高由里子さん演じる梨央の会社の弁護士である、加瀬賢一郎(井浦新)について、弁護士になったの理由は何なのか、加瀬というキャラクターについて注目が集まっていますね!

そこで今回は【最愛】加瀬が弁護士になった理由なぜ?生い立ちや過去を徹底調査!と題してお届けして、加瀬の過去や生い立ちなど、主人公梨央との関係も調査していきました!

>>どんどん大きくなっているあの黒い箱が意味するものとは?ブラックボックスの中身

【最愛】加瀬が弁護士になった理由は?

梨央が社長として務める真田ウェルネスの法務部に所属する加瀬は、梨央と共に行動にしながら、梨央の事をあらゆる面でサポートしているキャラクターです。

そんな加瀬は何かきっけけがあって弁護士になったのでしょうか。

梨央の父親がきっかけ?

ドラマ【最愛】で、優と加瀬たちが焼肉屋さんに行ったときに、優は何気なく加瀬に「弁護士になったキッカケは何ですか?」と、質問しました。

加瀬の答えは「近所の弁護士さんだったから」というきっかけで弁護士になったと話しましたが、この近所の弁護士というのは、くも膜下出血でこの世を去った梨央の父親である朝宮達夫(光石研)ではないかと思われます。

その理由としてあげられることがいくつかあります。

梨央の父親がきっかけの理由①加瀬は幼い頃梨央の父親によくしてもらっていた?

加瀬は早くして両親を亡くしていたので、近所に住む梨央の父親・達夫によくしてもらっていた過去があります。

達夫は生前弁護士に従事していて、達夫の背中を見て”自分も将来弁護士になろう”と思ったのではないでしょうか。

梨央の父親がきっかけの理由②達夫の紹介で加瀬は弁護士になった?

達夫は弁護士を何かの理由で辞めることになりましたが、その後寮夫として働き始めます。

この時に加瀬は弁護士の資格を習得したため達夫は自分の元妻が社長を務める真田ホールディングズを紹介します。

このことがきっかけでグループの顧問弁護士になったのかもしれません。

梨央の父親がきっかけの理由③梨央を徹底サポートする加瀬

加瀬は梨央が困った時あらゆる手段を使ってフォローし、まさに梨央にとって有能過ぎるキャラクターでもあります。

梨央にここまで優しくする理由は、梨央の親・達夫にお世話になったからで、梨央を守るのは助けられた恩返しなのかもしれません。

梨央の父親がきっかけの理由④優の夢を応援

梨央の弟である優は加瀬が影響で「将来弁護士になりたい」という夢を抱きます。

そんな加瀬は、優のために六法全書や参考書を買い込んで夢の応援をしましたね!

参考書を買いに出かける加瀬はどことなく嬉しそうな表情が写り印象的でした。

優が加瀬の背中を見て弁護士を志す姿は、自分の過去とかぶったのかもしれません。

【最愛】加瀬の生い立ちや過去を徹底調査!

【最愛】の登場人物で加瀬は、頭の回転がよく効く論理的なキャラクターとして知られていますが、どこか不器用なところはギャップがあって、どことなく親近感がわきますよね。

そんなまだ謎に包まれている【最愛】の加瀬について生い立ちや過去を徹底調査していきます。

加瀬は何者?

  • 名前:加瀬賢一郎(かせ・けんいちろう)
  • 年齢:現在40代後半あたり
  • 経歴:高校生には既に弁護士だった
  • 所属:真田グループの真田ウェルネス所属の弁護士

加瀬は梨央が社長を務める真田グループの子会社「真田ウェルネス」法務部所属の弁護士です。

弁護士になったきっかけは”近所の人が弁護士だったから”と話します。

真田グループに入社した当時は30代前半で、優秀な弁護士と知られています。

そんな加瀬は、入社した時から梨央を守り、あらゆる面でサポートしている人物です。

普段スーツ姿ばかりでカチっとした印象がある加瀬ですが、プライベートでは読書が好きとのこと!

私服かつゆったりくつろぐ加瀬さんの姿は珍しいですね。

ここで加瀬の存在は梨央にとって味方であるように感じますが、実は事件と関連する犯人ではないかという声も広まっています。

加瀬は事件と関わる怪しい人物?

【最愛】で一番気になるのは犯人の存在ですが、一番怪しまれているのは加瀬という人物です。

梨央を守って一番傍にいる加瀬が犯人だとすれば、視聴者のショックも大きいと思われます。

そんな加瀬が犯人だと思われてしまう理由は、真田ウェルネスの弁護士として一番内部事情に精通しているからではないでしょうか。

また他にも梨央にこれでもか!と思う程「忠誠心」を出している部分が怪しいと感じる人も多いようです。

加瀬は真犯人なのかどうか、怪しむ理由は12月10に(金)に放送される予告編にもあり、真田グループの梓が「加瀬さん、いろいろありがとう」と語るシーンの次に加瀬のなんともいえない表情が写ったりもしました。

加瀬がもし康介の父の昭を殺したのであれば、梨央を守るがゆえに下した行動だったのではないかと思います。

【最愛】加瀬は梨央の兄?

加瀬はなぜここまで梨央のことに対して忠誠心が強いのでしょうか。

その理由は加瀬が梨央の兄であるからかもしれません。

年齢的に兄の可能性あり

加瀬が梨央の家族かもしれないという中でも、年齢的に兄である可能性があると推測しました。

兄と考えられるのは年齢差が理由です。

ドラマ【最愛】で梨央の年齢は設定上30歳~35歳になります。

理由は高校3年生(17歳/18歳)の時に事件を「15年前」と設定してあるからです。

以上の事をふまえると梨央の年齢は30代前半から半ばであることが確定しますね。

そして加瀬は高校生には既に弁護士で、30代に真田グループに入社しています。

そうなると今現在加瀬の年齢は40歳~45歳あたりと考えられますので、2人の年齢差は10歳から15歳になります。

設定年齢から考えて、兄であってもおかしくはないですよね。

加瀬と梨央は異母兄妹?

加瀬と梨央は名前だけでは苗字が違うため、兄妹であるかどうかわかりません。

ですがもし異母兄弟か、もしくは加瀬の実の父親が梨央の父親と同じなのかもしれません。

ですが加瀬は若くして両親を亡くしたのであれば、兄弟である可能性は低そうです。

加瀬が梨央に優しいのは兄妹から?

加瀬は梨央にいつも優しく、体を張って梨央を守っています。

それは兄であるからこその行動と考えてもおかしくはなさそうですよね。

そんな加瀬と梨央は、過去に何かしらの接点があると考えられます。

例え兄妹でなくても、深い関りがあると推測できそうですね!

まとめ

【最愛】加瀬が弁護士になった理由なぜ?生い立ちや過去を徹底調査!と題してお届けしていきました。

【最愛】加瀬が弁護士になった理由について、生い立ちや過去を調査していきましたが、近所の弁護士がきっかけであることがわかりました。

推測ではありますが、加瀬と梨央は過去に接点があったと思われます。

それは梨央の父親である達夫が関わっていたのかもしれませんし、梨央と加瀬は年齢差的にも兄の可能性が高いと考察していきました。

そんな加瀬の正体は【最愛】第9話で明らかになっていきそうなので、絶対見逃せませんね!