エンタメ

SASUKE2021に佐藤惇が出ない理由なぜ?ケガの原因は何だった?

Pocket

毎年大晦日に開催されるSASUKEを楽しみにしている人も多いと思いますが、2021年大晦日に放送されるSASUKE出場者一覧では、いつも出るはずのパルクール指導員の佐藤敦さんの名前が出ていません。

SASUKE10大会連続1stで7大会連続3rd進出中の記録を持つ佐藤惇さんは、なぜ2021年放送のSASUKEに出ないのか理由が気になるところですが、原因はケガのようです。

佐藤惇さんは、今年のパルクール中にアキレス腱断裂したということでリハビリを重ねていましたが、ケガの原因は何のか気になるところです。

そこで今回はSASUKE2021に佐藤惇が出ない理由なぜ?ケガの原因は何だった?と題してお届けしていきます。

SASUKE2021に佐藤惇が出ない理由なぜ?

SASUKE界のスピードスターとも呼ばれる佐藤 惇(さとう じゅん)さんは、日本のトレーサー、日本初のパルクール指導員で、パルクール専門会社SENDAI X TRAINの共同代表であり、PKTKcommunityの代表でもあります。

TBS放送のSASUKEの有力選手である佐藤惇さんは、高校2年生の頃から番組に出場しています。

そんな佐藤惇さんは2021年発表のSASUKE出場者に名前が載っていませんでした。

そんな佐藤惇さんがSASUKEに出ない理由を調査していこうと思います。

SASUKE2021に佐藤惇が出ない理由

SASUKEの常連である佐藤惇さんは2021年4月初旬のパルクール中に右足アキレス腱断裂し、現在もまだ治療に専念しているところです。

パルクール歴16年ということで、パルクールのベテランでも佐藤惇さんは、自分自身こんなケガをしてしまうなんて本人も驚きだったようですね。

佐藤惇さんのアキレス腱断裂についてはスポーツ復帰するまで約半年間(2021年10月)かかるということです。

プロアスリートとなると復帰に関しては7か月間かかるので、2021年11月に復帰して12月には出場する可能性があると考えられますが、今回開催のSASUKE2021への出場は見送りとなりました。

かといってSASUKEに対する挑戦は諦めたわけではなく、また完全復帰するまで今できることとトレーニングを積み重ね続けているようです。

ということで佐藤惇さんはSASUKE2021への出場はしませんが、選手としてではなく応援者として仲間をバックアップしていくとのことです。

ケガしたことでまた新しい学びとトレーニングの仕方が開かれ、佐藤惇さんは更にパワーアップしてSASUKEに帰ってきそうですね!

佐藤惇のケガの原因は何だった?

佐藤惇さんはなぜ右足がアキレス腱断裂になってしまったのでしょうか。

気になるケガの原因について調査していきました。

佐藤惇ケガの原因

パルクールのプロである佐藤惇さんは、なぜケガをしてしまったのでしょうか。

原因はパルク―ルの練習中、壁を蹴って登る動きの地面からバーンッと蹴りだす1歩目で、壁に対し足首が変な角度で入ったためアキレス腱断裂になってしまったと、本人はコメントを残しています。

飛んだ瞬間は空中で「バコッ」という鈍い音がしたと同時に、右足を殴られたかのような激痛が走ったと言います。

着地した瞬間右足は完全に力が入らない状態になってしまったそうで、アキレス腱触った時には張っている感覚がなく、アキレス腱がふにゃふにゃ状態だった様子。

これだけ聞くとかなりの大ケガだとわかりますが、本人は「まぁ大丈夫っしょ」と前向きな様子を見せているので、いち早く回復するのを願いたいですね!

まとめ

SASUKE2021に佐藤惇が出ない理由なぜ?ケガの原因は何だった?と題してお届けしていきました。

SASUKE2021に佐藤惇さんが出ない理由は、2021年4月初旬にパルクール中右足をアキレス腱断裂したためです。

リハビリ期間は約半年から7か月かかりますが、まだ完治していないと思われるので今回の出場は見送りとなりました。

にしてもアキレス腱断裂はとても大きなケガなのに本人はとても前向きな様子で、尊敬してしまいますね!

今後また身軽でカッコイイ佐藤惇さんが、SASUKEに元気よく復帰してくることを願いたいですね!