NEWS

月食2021大阪のピーク何時から何時まで?方角や見える時間帯を調査!

Pocket

今回は月食2021大阪のピーク何時から何時まで?方角や見える時間帯を調査!と題してお届けしていきます。

2021年5月26日の今日は、スーパームーンと皆既月食が見れる希少な日です。

そんな皆既月食と当時にスーパームーンが観測できるのは、今回を見逃してしまうと12年後となってしまうので、見逃すわけにはいかないですよね。

そこで一番きれいに皆既月食を見るためにも、月食が出る時間帯や方角、ピークの時間は何時から何時までなのか大阪・関西地方に絞って調査していきました。

今夜はスーパームーンと皆既月食を同時に観測しましょう!

月食2021大阪(関西)のピーク何時から何時まで?

2021年5月26日(水)の本日は、今年最大の満月が見れる日”皆既月食”(かいきげっしょく)の日です。

そんなスーパームーンと皆既月食が同時に観測できる今日、ピークの時間となるのは何時から何時までなのか、大阪・関西地方に絞って調査していこうと思います。

月食2021大阪は何時から何時までか調査

スーパームーンと皆既月食が同時に観測できる日である5月26日ですが、大阪では雲行きが怪しい感じがします。

全国的に皆既月食の始まりの時間は午後8時9分頃~となり、月食が最大になる時間帯は午後8時18分頃となっています。

ですが地域によって月食の見え方は違ってきますので、大阪・関西地方で一番綺麗に見える時間帯を確認していきましょう。

また皆既月食が見れるかどうか、天候が心配な人も多いと思いますので、2021年5月26日(水)の天気予報も合わせてみていきましょう。

【全国的な皆既月食の始まりの時間とピーク】

  • 始まり:20時9分頃~
  • ピーク時間:20時18分頃~

月食2021大阪・関西地方は何時から何時まで?

2021年5月26日(水)の大阪・関西地方の月食は18時44分~部分月食が始まります。

”部分日食”は地球によってまだ太陽が隠しきれていない状態を表します。

そして皆既月食の始まりは20時09分~となり、最大食が見れるピークの時間帯は20時19分となっています。

部分月食 18時44分~
皆既月食の始まり 20時09分~
皆既月食のピーク時間 20時19分~
皆既月食の終わり 20時28分~
皆既月食の時間 19分間

ピークの時間帯は20時19分からなので、20時15分からスタンバイしておきたいものですね!

そして気になる大阪含む関西地方の天気予報を今一度確認しておきましょう。

大阪(関西)の天気は?

(画像引用元:https://weathernews.jp/s/topics/202105/250125/)

東日本から近畿にかけて曇り空や時折晴れ間が続いているようですが、大阪含め関西地方では皆既月食を見れるチャンスがある予報となっています。

  • 大阪:晴れ時々曇り
  • 気温:最高24℃・最低17℃
  • 降水確率:18時~14時時点で10%

南の風がやや強く吹いている大阪では、そのまま雲がはけて空がスッキリしてくることを願いたいですね。

現時点(午前11時)では晴れ間が続いているようなので、皆既月食を見れるチャンスは十分にあると言えそうです。

どんな皆既月食(スーパームーン)が見れる?

2021年6月26日(水)は、地球に最も近い大きい満月を観測することができます。

最近ではこのような大きな満月を”スーパームーン”とも呼ばれ、天体観測する人が増えましたね。

そんなスーパームーンは通常の満月より14%大きく見え、ピークの地心距離的は約35万7,000kmとなっています。

2021年のスーパームーンは【赤胴色(しゃくどういろ)】と言われる赤黒く染まった満月が見れます。

この赤銅色の満月は別名:レッドスーパームーンとも呼ばれているそうで、赤く染まる理由として太陽の光の中でも最も波長が長い「赤」が月に届き、月が照らされるので赤く染まって見えるのだそう。

そんなスーパームーンは、大気によっても色合いが多少変化しますので、どんな色で見れるのか今から楽しみですね。

2021大阪(関西)で皆既日食(スーパームーン)の方角や見える時間帯を調査!

2021年大阪・関西地方でスーパームーンと皆既月食が見える方角や見える時間帯を調査していきました。

2021年大阪(関西)で皆既月食(スーパームーン)が見える方角は?

2021年5月26(水)の今日、名古屋や東海地方で皆既月食が見えるの方角は【南東】です。

皆既月食が始まる時間帯である、20時09分から南東で観測することができます。

かなり低い位置から月が昇り始めるため、南東方向の低空が開けて見える場所で観測することがおすすめです。

2021年大阪(関西)で皆既月食が見れる時間帯は?

2021年名古屋(東海)で皆既月食が見れる時間帯は、上記でも記載したように20時09分からとなっています。

皆既月食の始まりから終わりまで、20分弱しか見れないので見逃さないようにしましょう。

では、ここまで世間の注目を浴びている2021年5月26日(水)の皆既月食にはどんな特徴があるのか、今一度確認していきましょう。

2021年5月26日の皆既月食の特徴

2021年5月26日の月食は皆既月食と言い、太陽・地球・月が一直線に並んだときの現象で、常に月は満月の時にしか見られません。

また5月26日の皆既月食は、スーパームーンで見れるとても希少な日で、このようにスーパームーンと皆既月食が重なる年は2015年9月以来で6年ぶりとなっています。

そんな5月26日のスーパームーン×皆既月食を見逃してしまったら、次回見れるのは2033年10月8日の12年後となってしまいます。

これほど貴重な日となる5月26日の皆既月食は見ないわけにはいかないですよね!

まとめ


月食2021大阪のピーク何時から何時まで?方角や見える時間帯を調査!と題してお届けしていきました。

月食2021の大阪や関西地方のピークは何時から何時までなのか、見える方角や時間帯をここで今一度確認しましょう。

【見える方角】:南東

部分月食 18時44分~
皆既月食の始まり 20時09分~
皆既月食のピーク時間 20時19分~
皆既月食の終わり 20時28分~
皆既月食の時間 19分間

低い位置から月が昇り始めるため、低く開けた場所から皆既月食を観測するといいでしょう。

大阪では曇りがちのようですが、次第に晴れ間が出ているため無事に天体観測ができることを願います。