エンタメ

宇髄天元が嫌いな理由は?なぜ人気ないのか徹底調査!

Pocket

鬼滅の刃のなかでも3人の妻を持つ、まさにモテモテな宇髄天元ですが、中には嫌いで苦手というファンの声もありますよね。

一見鬼滅の刃の中でも大人気キャラクターに入る宇髄天元ですが、嫌いという声やなぜ人気ないのか気になるところです。

そこで今回は宇髄天元が嫌いな理由は?なぜ人気ないのか徹底調査!と題してお届けしていきます。

宇髄天元が嫌いな理由は?

ファンの間では「派手柱」と呼ばれる宇髄天元。

見た目も言動も戦い方もとにかく派手なキャラクターですが、イケメンで妻を3人をもつため、モテモテなのは間違いないと思います。

ですが宇髄天元が嫌い!という声も中にはありますが、気になる理由はどういったものなのか調査していきます。

宇髄天元は嫌われる理由とは?

鬼滅の刃で鬼殺隊最高位である柱である宇髄天元は、2刀流で刀と音を操る剣士で、「派手」が口癖の派手な見た目を持つキャラクターです。

そんな宇髄天元は、炭治郎と鬼の禰豆子の処遇を巡る柱合裁判にて初登場し「派手な人物を期待したけど”地味だな”」と、言い放った人物です。

ここで上から目線な発言が鼻につくと思ったファンも多かったようで、宇髄天元が嫌いという声も寄せられたようです。

他にも宇髄天元が嫌いな理由として、以下のことがあげられました。

  1. 上から目線な言動と発言
  2. 派手な見た目が苦手
  3. 辛い過去が具体的に描かれていない

ではここから一つ一つの理由をここから深掘りしていきましょう。

上から目線な発言と言動

宇髄天元は自信過剰なのか、それとも自身のない自分を見せないように強がっているのからなのか、上から目線な発言と言動が目立ちます。

鬼の禰豆子の処遇についての柱合会議でも、炭治郎の理由を聞かずに『ならば俺が派手に首を斬ってやろう。誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ。もう派手派手だ』という発言や、他にも冷たく冷徹な言動も見られますね。

また他にも、蝶屋敷でアオイを誘拐しようとしたときの『役に立ちそうもねぇがこんなのでも一応隊員だしな』というセリフでは批判殺到で嫌いになったという声が寄せられました。

ここで宇髄天元は、思ったことを口にしてしまうデリカシーのない人物に写ってしまいますよね。

派手な見た目が苦手

宇髄天元は顔に自らパンクファッション風の化粧を施し、宝石がギラギラに飾られた額当てをしています。

また他にも赤&黄緑のネイルを交互に施した指先と、両耳には3~2個づつのピアスをしています。

この男にしては派手過ぎる見た目が嫌いという声があるようです。

派手な男が嫌いというファンの間では、宇髄天元が一番に挙げられるでしょう。

ちなみに宇髄天元がここまで派手になってしまったのは、”過去に原因”があったようです。

辛い過去が具体的に描かれていない

宇髄天元は「遊郭編」で大活躍した後に、柱を引退しています。

急に引退して、無責任!柱みんなが辛い状況なのに宇髄天元は柱を引退して遊んで暮らしている!と思うファンも多いようです。

辛い過去をもつキャラクターはファンにとって魅力的にうつるものです。

ですが宇髄天元の過去は具体的に描かれないため、楽していると思われ嫌うファンも多いようです。

実際は宇髄天元にも、忍者時代で辛い過去がありました。

今は派手になって自由気ままに生きているように見える宇髄天元ですが、実はとても辛い過去が公式ファンブックや原作漫画の10巻に描かれています。

宇髄天元は圧倒的に見た目だけで判断されるので、惜しいキャラクターでもありますね!

宇髄天元がなぜ人気ないのか徹底調査!

宇髄天元はなぜ人気がないのか徹底調査していきます。

鬼滅の刃キャラクターランキングで宇髄天元は何位?

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で開催された、2017年に第1回目のキャラクター人気投票ランキング1位に輝いたのは【竈門 炭次郎】、そして2020年に行われた第2回のキャラクター人気投票ランキング1位は【我妻 善逸】となりました。

この時の人気投票は20位まで発表されましたが、2017年で宇髄天元はランク外、そして2020年では13位という結果でなんとも微妙に人気が低いことがわかりました。

更に8人いる柱の中でも7位なので、そこまで人気がないことがわかります。

人気のあるキャラクターの魅力は、人の良さ(仲間思いかどうか)、ギャップ、強さなどが掲げられますね!

鬼滅の刃の中でも宇髄天元は、派手で活躍もしているので注目されそうですが、なぜここまで人気がないのか理由を徹底調査していきます。

宇髄天元が人気ない理由①柱の中でも弱い

宇髄天元は柱の中でも弱いと思われています。

原因は「遊郭編」で上弦の鬼でも最下位の上弦ノ睦・堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)との戦いで大きなダメージを受け苦戦したからです。

最下位=弱いという訳ではないですが、最下位に苦戦するなんて柱として弱いと思われてしまったのでしょう。

またこの時の戦いでは炭治郎たちとの団体戦だったので、一人で上弦の鬼を倒している他の柱と比べると弱くうつってしまうのが原因のようです。

宇髄天元が人気ない理由②柱を引退

宇髄天元は上弦の鬼との戦いが終わった1週間後くらいに、蛇柱・伊黒小芭内に「柱を引退する」と発言しています。

伊黒はこのとき”俺は許さない”たかが上弦の陸ごときに負けるなんて”死ぬまで戦え”と、厳しい発言をしていましたが、厳しいと裏腹に宇髄天元に引退してほしくない思いも含まれているとおもわれます。

宇髄天元は左腕が切断され左目は失明した状態になったから引退して逃げた!と思うファンもいるようで嫌われて人気がなくなる原因にもなっているようです。

実は人気ある宇髄天元

宇髄天元は人気がなく嫌われていると散々紹介してきましたが、実は隠れた人気もあり、柱を引退しても、その理由がわかれば好きなるというファンも多いのです。

妻との生きて帰るという約束

宇髄天元は元々、3人の妻との約束を果たすために柱の引退を選んでいます。

妻と「上弦の鬼と戦ったら生きて帰る」という約束をしているからです。

宇髄天元は元忍者で抜け忍びとなったため、今自分にとって一番大事な存在は3人の妻たちです。

妻たちを悲しませないためにも、柱の引退は宇髄天元にとって大きな決断だったと思います。

柱引退後も鬼殺隊に尽くす

宇髄天元は柱を引退後、鬼殺隊から全く離れてしまったわけではないです。

柱引退後産屋敷邸の警護をしながら、柱の育成をするため「柱稽古」の先生になっています。

これから柱となっていく鬼殺隊を厳しくも優しく指導しながら、無惨討伐を倒すまで陰で鬼殺隊と柱たちを支えていっています。

また後輩にも面倒の良い兄貴として慕われているようで、上弦の鬼との戦いを終えた炭治郎たちにも嬉しい励ましの声と嬉しい一言を掛けています。

以上のことから考えると、宇髄天元はどの柱よりも人の命と想いを大事に出来る人物であることが分かると思います。

まとめ


宇髄天元が嫌いな理由は?なぜ人気ないのか徹底調査!と題してお届けしていきました。

宇髄天元が嫌いな理由は上から目線な発言や、派手過ぎる見た目が原因でしょう。

また人気があまりないと数字に結果として出ていますが、宇髄天元の柱を引退する理由や、どれだけ鬼殺隊の事が大事なのかという理由を見て行くと、とてもいい奴!!と思ってしまいますね。

そんな宇髄天元は間違いなくカッコよくて人気のあるキャラクターと言えそうです。