エンタメ

約ネバのレイ役が演技下手くそな理由なぜ?棒読みは声変わりの年齢のせい?

Pocket

実写映画『約束のネバーランド』に登場するレイ役の城桧吏さんについて

「演技が下手すぎじゃないか?」

といった声がSNSで多く見受けられました。

ただ、「ちょうど声変わりだったから」との声もあり、実際のところどうなのか気になるところです。

そこで今回は、約ネバの(約束のネバーランド)レイ役が演技下手くそな理由なぜ?棒読みは声変わりの年齢のせい?と題してお届けしていきます!

約ネバのレイ役が演技下手くそな理由なぜ?

約ネバのレイ役の演技が下手くそすぎると言われる理由を調査していました!

理由①セリフが棒読み

レイ役の城桧吏さん演技が大根すぎて作品に入り込めないという意見も。

撮影当時の城桧吏さんは14歳だったということですが、他の役者さんに比べても棒読みすぎてどうしても違和感を感じてしまいます。

理由②活舌が悪い

上記のセリフの棒読みだけではなくて、活舌についても悪くて聞き取れないとの声も上がっていました。

そのせいもあって、演技が下手くそと言われる要因になっているようです。

約ネバのレイ役棒読みは声変わりの年齢のせい?

城桧吏さんの「演技が下手くそ」と言われる理由について、

棒読みや活舌が悪いことが要因になっているようでした。

じつは当時の城桧吏さんはどうやら声変わりの真っ只中だったとのこと。

このことにより撮影終了後に改めれアフレコで取り直したみたいです。

アフレコで取り直していたんですね。私は全然気づきませんでした!

まとめ

今回は、約ネバ(約束のネバーランド)のレイ役が演技下手くそな理由なぜ?棒読みは声変わりの年齢のせい?と題してお届けしていきました!

レイ役の城桧吏さんについて演技が下手くそと言われる理由は

「セリフが棒読み」「活舌が悪い」ことが原因でした。

しかし、撮影時に声変わりと重なったため後日にアフレコで全て取り直した結果だったようです。

城桧吏さんの演技力については他の作品が証明しているように、演技が上手いとの声もあることも確か。

今後の活躍を期待しながら、声変わりした城桧吏さんの演技を応援していきたいですね。